bit

宝塚歌劇のマッチも展示!昭和レトロなラベルデザインに心魅かれる「マッチの博物館」

宝塚歌劇のマッチも展示!昭和レトロなラベルデザインに心魅かれる「マッチの博物館」
「たるみ燐寸博物館」に展示されていた、乙女でかわいい「宝塚歌劇」の宣伝マッチ。表面が演目になっており、裏面にはスポンサーであるデパートなどの広告が入っている。

少し前に、現代の小学生の82%がマッチを使えないという調査結果がネットで話題になっていましたが……。いつのまにかその存在自体が、昭和遺産となった感のあるマッチ。喫茶店やレストランなどでも禁煙があたりまえとなり、お客さんに宣伝もかねて無料で配っていたマッチを廃止したお店も多い。

ちなみに、マッチは兵庫県の地場産業で、姫路周辺では今なお、国内生産量の80~90%ものマッチが製造されているという。改めて見ると、小さな箱にそのお店の世界観が凝縮され、デザイン的にも工夫やアイデアが凝らされたマッチは、ものとしても魅力的。コレクターズアイテムとして昔から集める人も多いらしく、なかなか奥が深いものなのである。

そんななか、今年4月に小野隆弘さんというマッチコレクターが、兵庫県・垂水にある雑居ビル2階に「たるみ燐寸博物館」という小さな展示室をオープンさせた。小野さんの本業はバッグや美容師やフローリスト向けのシザーケースの販売だそうで、ショールームも兼ねたお店の一角を手づくりで改装したのだそう。博物館と銘打ってはいるものの、自由に手にとって見ることもでき、質問などもできる気軽な空間である。5000個を超えるコレクションのなかから、厳選したものを展示し、時々入れ替えたりもしているそう。

ケンタッキーのマッチも


さっそくお話を伺ってみたところ、現在50代である小野さんのコレクション歴はなんと、小学生時代に遡るという。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月25日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。