以前、脱力系の笑える古本を紹介する書籍、「アホアホ本エクスポ」でご紹介した中嶋大介さんが、
ここ何年かは古本ではなく古着にはまっているそうで、このたび「ワンコイン古着」(本の雑誌社)なる本をリリースした。

かつては古本を年に約1000冊ペースで買っていた中嶋さんだが、現在は年間約1000着もの古着を買っているという。いちばんのお気に入りは「たんぽぽハウス」なる都内近郊に17店舗を展開する古着屋だそうで、なんと100円~500円というワンコイン価格でヴィトンやグッチ、バーバリーといったいわゆるハイブランドのアイテムを手に入れることもあるのだとか。

所有している古着は約3000着だそうで、家のなかが本と洋服ですごいことになってそうだなあ……と思いつつ、久々にお話をうかがってみた。

所有数は3000着! ディープで奥深い「ワンコイン古着」趣味

所有数は3000着! ディープで奥深い「ワンコイン古着」趣味

11月21日にリリースされた、「ワンコイン古着」(本の雑誌社)。

所有数は3000着! ディープで奥深い「ワンコイン古着」趣味

巻頭の、コーディネート例ページ。
左ページの自転車に乗った業界人っぽい紳士は、トータルコーデなんと1900円!
(内訳……ミリタリージャケット100円、シャツ500円、タイ500円、タイピン200 円、パンツ100円、革靴500円)

右のカフェ店主風の男性はトータルコーデ1500円。
(内訳……ハット100円、スカーフ500円、Tシャツ100円、パンツ500円、スニー カー300円)。

まず、全身合わせても、ファストファッションのシャツ1枚買うより安いというのがすごいですね。以前から、「良質な服」というテーマに興味があったのでしょうか?