長いキャリアの中で、様々なドラマに出演している松嶋菜々子ですが、彼女の代表作というと、一体、何になるのでしょうか? やはり、人気を不動のものにした『やまとなでしこ』の「桜子さん」でしょうか。もしくは近年、社会現象にもなった『家政婦のミタ』の「三田」、あるいは、10年以上続く人気シリーズ『救命病棟24時』の「小島楓」との意見もあるはず。他にも、旦那の反町隆史と出会うきっかけとなった『GTO』や、教師と教え子の禁断の愛を描いた『魔女の条件』でのヒロイン役という声も上がりそうです。
こうして振り返ってみると、なんと当たり役の多い女優でしょうか。90年代後半にNHKの朝ドラ『ひまわり』で頭角を現してから2011年の『家政婦のミタ』まで、約15年にわたり断続的に主演作がヒットしているのは、おそらく彼女くらいなものでしょう。
そんな華々しい経歴に埋もれてしまい、今では知る人も少なくなりましたが、かつてフジテレビ系の人気バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげです』にこの人気女優は出演していました。それもかなり際どい下ネタ系のコントにです。

デビューから4年間はあまり売れなかった松嶋菜々子


問題のコントが放送されたのは1995年ごろ。松嶋が1991年に旭化成水着マスコットガールに選出され、芸能界デビューを果たしてから4年後のことでした。この時、彼女は既に22歳。1992年にドラマ『社長になった若大将』で女優デビューを果たしたものの、それ以降特にパっとせず、不遇のキャリアを歩んでいた時期です。