90s

竹中直人の多才すぎる経歴 映画監督・舞台・モノマネ・歌手などで好評価

竹中直人の多才すぎる経歴 映画監督・舞台・モノマネ・歌手などで好評価
ドラマに映画に欠かせない個性派俳優として、60歳となった現在も精力的に活動を展開する竹中直人。人によって、「モノマネの人」「秀吉」「のだめのドイツ人」「モビットの人」など、さまざまなイメージを抱かれているのではないだろうか。

多摩美術大学に在学中からコメディアンとして頭角を現し、劇団青年座に入団。80年代にはシティーボーイズ、宮沢章夫らとコントユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」で活躍するなど、早くから才能をいかんなく発揮していた竹中だが、その多才ぶりが驚くべき開花を見せたのが90年代だった。
そのボーダレスな足跡を、ジャンル別に紹介しよう。

コメディアンとしてカルト的支持を得た竹中直人


83年に『ザ・テレビ演芸』(テレビ朝日)でグランドチャンピオンに輝いて以来、バラエティー番組や舞台で活躍。90年代には、ビシバシステムらとともに、『東京イエローページ』(89~90年/TBS)、『竹中直人の恋のバカンス』(94~95年/テレビ朝日)、『デカメロン』(97年/TBS)などの深夜コント番組に立て続けに出演し、お笑いファンからカルト的な支持を得る。

竹中直人、大河ドラマで主演に


テレビでは、96年にNHK大河ドラマ『秀吉』に堂々主演。その18年後、14年の大河『軍師官兵衛』でも再び秀吉を演じるなど、生涯におけるはまり役となる。
映画では、90年代に3度、日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞を獲得している(92年『シコふんじゃった。』『死んでもいい』、95年『EAST MEETS WEST』、96年『Shall we ダンス?』)。日本アカデミー賞授賞式での竹中のスピーチも、番組名物となっていた。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月26日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。