ジャニーズ事務所といえば、言わずと知れた芸能プロにおける最大手の一つ。“ジャニーズ事務所所属”というだけで、そのタレントに箔がつくような感さえあるため、業界を代表する一大ブランドだと捉えることもできるでしょう。

しかし、ジャニーズの金看板のみで売れるほど、芸能界は甘くありません。現在、ジャニーズの下部組織「ジャニーズJr.」のメンバーは約700人。ダンスレッスンは無料ながらも参加自由で、指導は過酷を極めるといいます。その中で選ばれた者だけに、スターダムの扉は開かれるのです。
それでも、まだ門戸が開放されただけの状態。そこから更にいくつもの試練を乗り越え、運にも恵まれたグループやタレントだけが、SMAP、嵐、TOKIO、関ジャニ∞、山Pなど、10年以上売れ続ける本物のスターとなれるのです。

今回紹介する「忍者」にも間違いなく、栄光へと続く扉は開かれていました。史上最短となるデビュー4ヶ月での紅白歌合戦初出場も果たすなど、スターになる素養はあったはず。けれども、彼らには運がありませんでした。登場するタイミングがあまりにも悪すぎたのです。

そもそも、「忍者」って何?


彼らの存在自体、知らない方も多いことでしょう。忍者は、柳沢超・遠藤直人・正木慎也・高木延秀からなる、かつてジャニーズに所属していた4人組グループ。 デビューしたのは1985年。87年に始動した光GENJIよりも、2年早い船出でした。
テレビ・ラジオ・コンサートなどで地道な活動を続けた後、90年、念願のファーストシングルを発表。その名も『お祭り忍者』。美空ひばりの名曲『お祭りマンボ』のリメイクソングです。何でも事務所的には、彼ら4人を「日本の伝統文化を取り入れた、演歌のような楽曲も歌えるアイドル」に仕立て上げたかったのだとか。