review

ムーミンの翻訳者は戦時中、暗号電文をつくっていた。今夜9時「百合子さんの絵本」

今夜9時より、NHK総合テレビで終戦スペシャルドラマ「百合子さんの絵本―陸軍武官・小野寺夫婦の戦争―」が放送される。このドラマは、第二次世界大戦中のヨーロッパで陸軍武官として諜報活動にあたった小野寺信(まこと。香川照之)と、その妻・小野寺百合子(薬師丸ひろ子)の実話にもとづくものである。百合子夫人は、夫の活動に協力し、暗号電文の作成および解読の作業を行なった。NHKの朝ドラが典型だが、戦時中を舞台にしたドラマでは、たいていヒロインは銃後を守る役どころなのに対して、百合子夫人は夫とともに最前線で戦争に参加した点が異色といえる。
ムーミンの翻訳者は戦時中、暗号電文をつくっていた。今夜9時「百合子さんの絵本」
岡部伸『消えたヤルタ密約緊急電――情報士官・小野寺信の孤独な戦い』(新潮選書)。NHKの終戦スペシャルドラマ「百合子さんの絵本―陸軍武官・小野寺夫婦の戦争―」の原案。国家の命運を左右する重要情報が組織の都合で無視されたことを指摘、似たようなことは現在でもあるのではないかと問いかける

小野寺信は1941年1月、スウェーデンの首都ストックホルムに赴任した。海外赴任する陸軍軍人のうち武官だけはその国の外交団に入るため、夫人帯同が慣例だったという(小野寺百合子『バルト海のほとりにて 武官の妻の大東亜戦争』共同通信社、1985年)。このとき夫妻は、4人の子供のうち3人は夫の妹夫婦に預け、一番下の息子だけを連れて現地に赴いた。

この2年前、1939年9月には、ナチス・ドイツのポーランド侵攻により第二次世界大戦が勃発している。小野寺の任務は、中立国だったスウェーデンにあって、近隣のソ連やドイツの動きを探り、そこで得た情報を暗号化のうえ日本に電信するというものだった。

公式サイトの「番組紹介」によれば、今回のドラマでは、夫婦が日本の参謀本部に発信したうち「ヤルタ密約」に関する電文がクローズアップされるようだ。ヤルタ密約とは、大戦末期の1945年2月に、クリミア半島(当時ソ連領内)の保養地ヤルタでのソ連のスターリン、アメリカのルーズヴェルト、イギリスのチャーチルら連合国首脳による会談でひそかに交わされたものだ。その内容は、ソ連が日本に対しドイツ敗戦の3カ月後に参戦するというものだった。当時、日本はソ連と中立条約を結んでおり、敗戦色の濃くなるなかでソ連を介して米英と和平工作を図ろうという動きさえあった。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2016年7月30日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース