90s

指切断や死亡事故も…『クイズ!紳助くん』の呪いとは?

       
『クイズ!紳助くん』の終了から早や5年。未だに復活希望の声が絶えない関西屈指の人気クイズバラエティ番組だ。
この番組では「呪いか?」と思うほどに、様々な事故が起こっているが、中でも2001年の正月早々に起こったある事故を中心に振り返りたい。

麒麟やアジアンと同期の若手芸人に起こった悲劇


2001年1月3日~4日にかけて、吉本所属のお笑い芸人、西科孝仁(現・西科仁)がこの番組のロケに参加していた。「なにわ突撃隊」と呼ばれる若手芸人たちによるチャレンジ企画で、西科はブリを入れたカゴを担いで、江戸時代の行商人よろしく「ブリ街道」の踏破に挑戦するというものだった。
西科は当時22歳。麒麟やアジアンらと同期であり、吉本新喜劇にも白いスーツを着たヤクザ役でレギュラー出演する期待の若手のひとりだった。

指を切断する事態に…


ロケ場所は、岐阜と長野の県境にある野麦峠。映画『ああ野麦峠』で名を馳せた、明治から大正にかけて若い女工たちが命懸けで吹雪の中を越えたとされる峠だ。
雪深い中、西科とスタッフらは5時間かけて山を登り、峠付近にテントを張って野宿。翌朝4時ごろに下山を始めたとされている。

西科はその3時間後、指の異常を訴える。親指以外の両手8本の指先が完全に赤紫色に変色していたのだ。このロケでは、西科は指先の出る手袋をはめていた。カゴのヒモを握ったまま、指先が長時間寒風にさらされたのが原因の凍傷だった。
収録を中断して下山、地元の病院で診察を受けたところ、重度の凍傷で即入院。結果、指5本が壊死(えし)、左手人差し指の指先は切断することになってしまった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月15日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。