bit

夏目漱石『こころ』の登場人物たちとゾンビが対決していくマンガがすごい

個人的に文学を全く読まないので、皆が当たり前のように知っている歴史的名作の内容もほとんど把握してません。知ってるのは、タイトルくらいかしら?

とは言え、以前、「夏目漱石が“I LOVE YOU”を“月がきれいですね”と訳した」というエピソードをコネタ取材時に知り得た時は、あまりに素敵すぎて感激したことを覚えています。


ゾンビハンターである「私」と凄腕の剣士「先生」


無料コミックサイト「コミック アース・スター」にて連載中『こころ オブ・ザ・デッド ~スーパー漱石大戦~』なる作品が、今大きな話題を呼んでいます。
夏目漱石『こころ』の登場人物たちとゾンビが対決していくマンガがすごい

「夏目漱石没後100年記念漫画」と銘打ったこの漫画は、夏目漱石著『こころ』の登場人物たちの原作そのままの友情、ラブロマンスだけではなく、大量のゾンビをなぎ倒していく“スプラッタ要素”が満載になっているそう。

同作のあらすじは、以下です。
―――――――――
しがないゾンビハンターである「私」が出会った、凄腕の剣士「先生」。
教えを乞う「私」に対し、頑なに距離を置く「先生」。
そんな日々が続く中、突如届いた「先生」からの遺書。
そこに記されていたゾンビアポカリプスの驚くべき真相とは……!?
―――――――――

それにしても、解せない。何がどうなって“スプラッタ要素”を付け加えちゃったのか? 『こころ オブ・ザ・デッド』で“アメイジング翻訳”を行う架神恭介先生に話を伺いました。
「初めは『柳生オブ・ザ・デッド』というロードムービーゾンビアクションを提案していましたが、担当者と相談したところ、柳生よりも夏目漱石の『こころ』の方が良いのでは? と打診されました。『この人、何を言ってるんだろう』と困惑したので、とりあえず引き受けてみたということです」(架神先生)

あわせて読みたい

  • 「高慢と偏見とゾンビ」の面白さ

    「高慢と偏見とゾンビ」の面白さ

  • 人間も食べられるゾンビ対策カレー

    人間も食べられるゾンビ対策カレー

  • 「うっとり力」あふれる装丁の魅力

    「うっとり力」あふれる装丁の魅力

  • コネタの記事をもっと見る 2016年10月27日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース