bit

大宮駅で配っていた「号外」は世界一素敵な新聞だった

12月4日、夕方5時過ぎの大宮駅東口。駅前で人々が「号外で~す」と何やら配っている。

大宮駅で配っていた「号外」は世界一素敵な新聞だった


大宮駅で配っていた「号外」は世界一素敵な新聞だった
真っすぐ見つめる新聞少年



新聞を見てみると・・・号外として配られていたのは、手作り新聞だった。

大宮駅で配っていた「号外」は世界一素敵な新聞だった


自分の日常を新聞にして号外として配る


さかのぼること4時間前。「市民会館おおみや」のとある一室で、越谷在住の写真作家・浅見俊哉さんが何やら語っていた。

大宮駅で配っていた「号外」は世界一素敵な新聞だった
写真作家の浅見さん


「多い時で1日5枚書いてました。授業中も書いてましたね。あんまり褒められたもんじゃないですけど(笑)」

これは浅見さんの小学校時代の思い出である。彼が通っていた小学校では、生徒1人ひとりが日常のニュースを新聞にして教室の後ろに掲示する「個人新聞」という取り組みが行われていたという。

他のクラスメイトが10号ほどしか発刊しない中、浅見さんは昼休みや授業中など1日に多い時で5枚も書き、小学校5年生の1年間で120号、6年生の1年間ではさらに多い200号、のべ320号も発刊したという。そんな21年前の新聞を今もすべて保存してあるというのだが、その一部がこれだ!

大宮駅で配っていた「号外」は世界一素敵な新聞だった
小学校5年の1年間で累計120号発刊した「友達」 6年生のときの新聞の名称はなぜか「あなのあいたくつした」だったいう


浅見さんは続ける。

「例えば、昨日図書館で借りた本がすごく面白かったということを新聞に書くと、貸出希望者が殺到したりしたんです。そのとき、個人的なニュースでも『新聞』というメディアに載せると他の人にも広がる楽しさを経験しました。そんなことから皆さんにも、『新聞を作る楽しさ』を知ってほしいと『私新聞(ししんぶん)を作ろう』と銘打ったプログラムを開かせてもらったんです」

あわせて読みたい

  • 元お笑い芸人が発信する地元情報サイト「ひらつー」が面白い

    元お笑い芸人が発信する地元情報サイト「ひらつー」が面白い

  • アナログ版コネタ!?「おおらかべ新聞」が大阪の街を席巻

    アナログ版コネタ!?「おおらかべ新聞」が大阪の街を席巻

  • 限定50部!JR九州東京支店の女性社員が作る、超手作りフリーペーパー「鉄聞」

    限定50部!JR九州東京支店の女性社員が作る、超手作りフリーペーパー「鉄聞」

  • コネタの記事をもっと見る 2016年12月10日のコネタ記事
    「大宮駅で配っていた「号外」は世界一素敵な新聞だった」の みんなの反応 2
    • 宮内佑輔 通報

      浅見さんの頑張っている姿がよくわかりました。

      7
    • meiko 通報

      素敵❗違う自分を楽しめそう

      4
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら