90s

60歳で演じた女学生も……秋元康・堤幸彦・小室哲哉が集結し大コケした伝説ドラマ

60歳で演じた女学生も……秋元康・堤幸彦・小室哲哉が集結し大コケした伝説ドラマ
小室哲哉(イラスト:ハセガワシオリ)
毎年、この時期になると思い出さずにはいられないドラマがある。95年10月期のテレビ東京系ドラマ『クリスマスキス イブに逢いましょう』だ。
企画・監修に秋元康、監督に堤幸彦、音楽プロデュースに小室哲哉。トップクリエイターが集結し、テレ東が新たにドラマ班を編成するほどの意欲作だったが、夜10時の時間帯にもかかわらず、平均視聴率はわずか2.08%。盛大にコケたカルトドラマである。

「生まれ変わり」「多重人格」複雑怪奇なサイコ・サスペンスドラマ


ジャンルで言えば、複雑な人間関係とそれぞれが持つ「裏の顔」が絡むサイコ・サスペンス。
婚約者ばかりが襲われる「フィアンセ連続殺人事件」、そこには主人公の「前世」が大きく関わっていたのだった……。

90年代前半、海外ドラマ『ツイン・ピークス』や映画『羊たちの沈黙』『セブン』などのダークなサイコ・サスペンスがヒット。日本でも『あなただけ見えない』『沙粧妙子 最後の事件』などの連続ドラマが受けていた。
『クリスマスキス』は、「生まれ変わり」「多重人格」「超能力」といった中二心をくすぐる要素を全面に取り入れていたが、それにより「何でもアリ感」がまかり通ってしまい、ドラマとして無秩序状態になってしまったことは否めない。もっとも、そのハチャメチャぶりが醍醐味でもあったのだが……。

「犯人は一人!」じゃない!? 予測不可能な犯人当てクイズ


毎週、番組の最後に「猟奇殺人の犯人当てクイズ」が煽られていたのも思い出深い。しかも、前代未聞の賞金100万円の懸賞付きだ。

あわせて読みたい

  • 半年しか放送せず NHK大河ドラマの迷走時代を振り返ろう

    半年しか放送せず NHK大河ドラマの迷走時代を振り返ろう

  • TOKIOとKinKi Kidsが司会も……半年で打ち切られた「toki-kin急行」

    TOKIOとKinKi Kidsが司会も……半年で打ち切られた「toki-kin急行」

  • 「Mステ」での歌唱失敗が原因!? デビュー4ヶ月で引退した伝説の歌姫

    「Mステ」での歌唱失敗が原因!? デビュー4ヶ月で引退した伝説の歌姫

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年12月19日の90s チョベリー記事
    「60歳で演じた女学生も……秋元康・堤幸彦・小室哲哉が集結し大コケした伝説ドラマ」の みんなの反応 2
    • 通報

      このドラマの懸賞に応募して 主役二人の テレホンカードが当たったと思う。 簡単に当たったんで誰も見てないんだなぁと思った。

      3
    • ぽこぽこぽこ 通報

      『クリスマスキス イブに逢いましょう』って名前だけは知ってたけど、見たことなかった。内容は面白そうだから、むしろ見てみたくなった!

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース