90s

「殺し屋」有吉弘行にも注目! 実写版『ピューと吹く!ジャガー』

「殺し屋」有吉弘行にも注目! 実写版『ピューと吹く!ジャガー』
※写真はイメージです
『ピューと吹く!ジャガー』。2000年から10年間に渡って少年ジャンプを支えた傑作ギャグ漫画である。
全20巻の単行本は、累計発行部数850万部突破と大記録を達成。うすた京介作品としては、初連載の『すごいよ!!マサルさん』(記事はこちら) に続いての大ヒットとなったのをご存知の方も多いはずだ。

では、この漫画に実写映画版があったことをご記憶だろうか?
タイトルは『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』。赤く逆だった髪型からコスチュームまで、主人公「ジャガー」を完璧に再現した要潤の振り切れた演技が見ものである。

バラエティ番組のカリスマ、独自の世界観に挑んだ!?


原作者のうすた京介先生は実写化に当たって、「原作をあまり意識しないで、映画なりの『ジャガー』を作ってください」とお願いしたという。そして、「先生の世界観を借りて、自分の面白いことをやってみよう」との思いから実写化に踏み切ったのがマッコイ斉藤だ。
『極楽とんぼのとび蹴りゴッデス』『すれすれガレッジセール』など、深夜バラエティ番組のディレクターとして、「深夜のカリスマ」の異名を取ったマッコイ斉藤。現在では『とんねるずのみなさんのおかげでした』の総合演出としても有名である。

そもそもが、「原作をぶっ壊してしまうタイプ」と自認するだけあって、とんでもない方向に映画は展開して行く。

再ブレイク直前の有吉の怪演にも注目!


マッコイはドキュメントバラエティ番組的なノリで、役者のアドリブに任せる演出手法をとった。特に、ジャガー初登場となるオーディションシーンは完全にアドリブという。要潤による即興の歌とダンスが長尺で披露されるが、堂々やりきった要潤で笑えるか、そんな要潤を寒々しく思うかで、この映画の見方は大きく変わるはずである。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月30日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。