90s

お天気キャスターの重鎮・森田正光、過去には気象予報士試験にまさかの不合格

長年にわたりお天気キャスター界をリードしてきた森田正光。70年代後半から活躍する重鎮の森田だが、実は「天気予報」の世界に入ったのは、興味があったからではなく、たまたま高校の先生から「気象協会って所が募集してるよ」と勧められたから。
好きでもない仕事だったため、仕事へのやる気がなかったと今年6月放送の『しくじり先生』で明かしている。

やる気がない、それでも異例のスピード出世だった


しかし、「やる気のない社員」のはずの森田の出世は早かった。

日本気象協会には仕事の難易度に比例した出世ランクがあり、普通なら1段階ごとにあがっていく。普通であれば4年はかかる出世の階段を、森田はなんと半分2年で駆け上ったのだ。

つまらない仕事はさっさと終わらせて、プライベートの時間を充実させたいという考えであったため、仕事を早く終わらせる⇒できる社員とみなされる⇒異例のスピード出世という結果につながったのだ。

3度の放送事故も経験


その後、ラジオで1分ほどの天気予報を任されるようになった森田だが、仕事への責任感が欠けていたためか、3回もの放送事故を起こしてしまう。担当の天気予報のコーナーで、イージーミスによって1分間もの無音の時間を作ってしまったのだ。

しかし森田を見捨てなかった上司は、彼の特性を生かすため、一人で対応しなければいけない番組ではなく、メインの司会がいるバラエティ番組のお天気コーナーに出演させた。

これらの経験を経て、汚名返上と恩返しのために、仕事に対する姿勢を変えた森田は、視聴者の立場に立った予報を心がけた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク