90s

過去には疑惑も……24時間テレビ・歴代マラソンランナーを振り返る

夏の終わりの恒例になっている、チャリティー活動がテーマの特別番組「24時間テレビ・愛は地球を救う」(日本テレビ系列)。目玉企画である24時間マラソンは今年もおこなわれる。

第40回目となる今年は初の試みとして本番当日まで、マラソンランナーが明かされないということになっているが、どんな展開になることやら……?

24時間マラソンは無茶ぶりではじまった?


この24時間マラソンの企画がスタートしたのは、パーソナリティにダウンタウンを起用するなど、テコ入れの年となった1992年から。
実はこのマラソン企画は、間寛平が「深夜に10分出演する」というだけの企画だったはずが、マネージャーの無茶ぶりで「24時間走る」という内容になってしまったことに始まる。

マラソンランナーとして200kmを走るために登場した間寛平だが、初回の挑戦では応援者が殺到したり、交通が乱れたために、途中リタイアという形で終わってしまう。しかし翌年に再挑戦し、見事に200kmの完走を果たした。ちなみに歴代のランナーで途中リタイアしたのは、初回の間寛平だけのようだ。

過去にはワープ疑惑も……


1994年には、ダチョウ倶楽部が100kmマラソンを走ったが、これについて後年にビートたけしが「(ダチョウ倶楽部は)走ってなかった。車で移動した」と番組への皮肉を語ったというエピソードがある。

また、これ以降にも2002年ランナーの西村知美に対して、途中に車で「ワープ」したのではとネット上で指摘されたり、2010年ランナーはるな愛は85kmで完走したが実際は65kmだという噂が立ったりと、毎年大小の疑惑がつきまとっているようだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク