夫の自殺の陰に不倫があったとされる上原多香子。SPEED時代からミュージシャン、俳優、ジャニーズ系など数多くの有名人と熱愛がスクープされてきた“魔性の女”も、さすがに今後の芸能活動が危ぶまれる大スキャンダルである。

同じく今井絵理子も不倫が発覚。しかも、ビール券配布騒動で公職選挙法に抵触する恐れがあるなど、議員としての資質が問われる大問題にまで発展。おまけに、相手は政務活動費の横領疑惑を追及されて議員辞職してしまったのだから、似たものカップルだったといったところか。

そして昨年、俳優・早乙女友貴と結婚した島袋寛子だが、相手は12歳も年下。ダウンタウン松本との交際が発覚したときは20歳年上だったのだから、何とも幅広い。ネットでは「離婚しそう」なんてお節介な評判が付きまとうのが実に不憫である。
99年にSPEEDが突然解散した原因は、島袋寛子の交際問題にあったともいわれているが……。男に翻弄されるのがSPEEDメンバーの性なのだろうか。

いや、一人重要な人物を忘れていないだろうか? SPEEDのリーダーにして、メンバーで“唯一の良心”ともいわれる新垣仁絵(HITOE)である。

ブラックミュージック嗜好を全面に出したソロ活動


SPEED時代、HITOEが上原多香子に続いて2番目にソロ活動を開始しているのをご存知だろうか?
活動名義は、HITOE’S 57 MOVE(ヒトエズゴナムーブ)。「仁絵が今、動き出す」という意味が込められている。