smadan

極楽加藤氏の「くそババア」罵倒、『イジメバラエティ』は今すぐ廃止を

極楽加藤氏の「くそババア」罵倒、『イジメバラエティ』は今すぐ廃止を

2018年6月21日に放送されたインターネット番組『極楽とんぼKAKERUTV』(AbemaTV)において、極楽とんぼの加藤浩次氏、カンニングの竹山氏、経済評論家で慶応大学大学院教授の岸博幸氏の3名が、女性出演者に対してハラスメントを行ったと指摘され、インターネット上で大きな問題となっています。

「“狂犬”加藤が酔ってます!本音スッキリ生暴露3時間SP」と題したこの日の放送回は、お酒を飲みながらゲストたちと“本音トーク”を繰り広げるという設定だったらしいのですが、ゲスト出演した女性のラブグッズコレクター桃子氏が、プライバシーを守るために装着している仮面に対して、彼等から「仮面取れよ」「取れないなら帰れ」と迫られたとのこと。

また、他の女性出演者にしても、加藤氏は「くそババア」「日本から去れ」などと発言し、竹山氏も「差別主義者」と罵ったとのことです。記録として残っているアーカイブ映像には、該当のシーンは削除されているようですが、本人が告発したnoteや彼女の証言をもとにしたBuzzFeedJapanの報道が事実であれば、間違いなくハラスメントだと言えるでしょう。削除して済む問題ではありません。

弱い者にしか噛みつかないのが「狂犬」ですか?


これに対して、「番組からのオファーを受けた本人の責任だ」という声もあるようですが、このような罵倒が飛び交い、プライバシーを侵害されそうな状態になるとは、一切彼女には伝えられていないようです。事前に桃子氏が危険を察知することは不可能に近いですから、自己責任論は成り立ちません。

桃子氏は「彼らがしたいことは“いじめ”だった」と解釈しているようです。確かに、もし加藤氏等は、相手が男性の評論家ならば、あのような発言を連発したでしょうか? 仮に女性でも、もし相手が白人の評論家ならばあのような発言を連発したでしょうか? 仮に日本人女性でも、男性は自分一人で、評論家が数十人いる場合だったらあのような発言を連発したでしょうか?

そのようなケースの場合、もちろんする可能性はゼロではないですが、明らかに確率は下がるはずです。権力のあるアラフィフの男性という同質性の高い集団で多数派を構成したことで、群集心理(集団心理)による「集団極性化(集団でいると個人でいるよりも極端な行動に走りやすくなる現象)」が生まれ、ミソジニー(女性嫌悪)や女性蔑視が爆発したのだと思われます。

性に主体的な女性が嫌いなおじさんはたくさんいる


また、「イジメの対象として格好の餌になりそうな、イジリ甲斐のある出演者」を番組制作側がチョイスしていた可能性も考えられます。実際は分かりませんが、もし本当にそうであれば、憤りを覚えざるを得ません。

桃子氏は、日本の女性たちがもっと主体的&ハッピーに性をたのしめるようにというミッションのもと、世界のラブグッズを紹介する活動をされている方です。これまでの「ヘテロ男性向けエロ」の文脈で性的な発言をする女性とは異なり、近年は性を主体的に楽しむことについて積極的に発信する性産業従事者ではない女性オピニオンリーダーが増えて来たと思うのですが、彼女はその口火を切った草分け的存在の一人だと私は認識しています。

その一方で、彼女のような活動をしている女性を小馬鹿にする男性(とりわけロスジェネ世代より上の男性)は、この社会にはまだたくさんいることでしょう。BuzzFeedJapanの報道でコメントをした林香里・東京大学教授は、「オヤジカルチャー」という表現をしていますが、偏見を強く有している人たちにとっては、彼女のような人物はイジメの格好のターゲットなのだと思います。

ですが、良識ある人間にとって、「イジリという名目のイジメ」は見ていて気持ちの良いものではありません。とりわけ、芸人ですらない素人相手に、大御所の芸人がイジりの矛先に向けることは、とても気分が悪くなります。地上波でもインターネットテレビでも、内輪だけしか楽しくない『イジメバラエティ』は今すぐやめて頂きたいものです。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース