review

「スカーレット」56話。貴美子(戸田恵梨香)がジェスチャーゲームで「踊るゴリラ」

「スカーレット」56話。貴美子(戸田恵梨香)がジェスチャーゲームで「踊るゴリラ」
連続テレビ小説「スカーレット」56話。木俣冬の連続朝ドラレビューでエキレビ!毎日追いかけます

(これまでの木俣冬の朝ドラレビューはこちらから)

連続テレビ小説「スカーレット」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~
「スカーレット」56話。貴美子(戸田恵梨香)がジェスチャーゲームで「踊るゴリラ」

『連続テレビ小説 スカーレット Part1 (1)』 (NHKドラマ・ガイド)

第10週「好きという気持ち」56回(12月3日・火 放送 演出・鈴木 航)


喜美子(戸田恵梨香)は八郎(松下洸平)がうどん皿をつくる過程を夢中で見る。喜美子にとってはじめて触れる陶芸の仕草だった。長いこと陶器の会社に勤務していても陶芸を実際作っているところは見たことないとは。そこに、
職人と喜美子との分断があるのかもしれない。子供のときも、慶乃川のできあがった器しか見てなかったのだなあ。

喜美子が興味をもったのはつくる過程で排除される「カス」「削りカス」と言われるもの。それを捨ててしまうのかと思ったら、八郎はためておいて再生して使っていた。「生き返らしたるから待っとき〜」と心のなかで言いながら、と笑う。

八郎はカスを使って小さな人形を作る。
喜美子は「小人や」と言い、八郎は「妖精や」と同時に言って笑い合う。

この「カス」に注視するところが「スカーレット」の視点なのだろう。世の中でうち捨てられてしまいそうなものを捨てないということ。例えば、川原家は、この捨てられてしまいそうな、小さく儚い存在なのだと思う。生まれ育った環境にも恵まれず、知性や教養が不足していて、社会のなかでうまく生きていく方法を知らない。でも悪い心はこれっぽっちももってない、ただ日々を生きている人たち。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「スカーレット」56話。貴美子(戸田恵梨香)がジェスチャーゲームで「踊るゴリラ」」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    登場人物が人としてまったく成長しないけど、ウケを狙い続けてスベリ続ける脚本家もまったく成長してない。そりゃ駄作て言われるわ。

    2
  • コマツナ少年 通報

    タイトルの喜美子が貴美子になってますよ

    2
  • SOS電報 父が父なら娘も娘 通報

    信楽、丸熊社内の場面が多く時代背景が見えない。喜美子の服も代り映えなく時間が止まった感じ。若い人には電報の仕組みや、ジェスチャー? 何それ?キョトンだろう。白黒TVで金語楼やターキー出せば時代感出る。

    1
  • 匿名さん 通報

    なつのアニメや火鉢買付け世良さん出す。八郎信作まんぷくラーメン、マツはダネイホン食べ、川村屋マダムと富士子と喜美子で人命救助。パロディ、パクリ、チョイ見せスパイス投入、朝の連続LIFE路線で話題作れ。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スカーレット

スカーレット

NHK「連続テレビ小説」第101作目のテレビドラマ。焼き物の里・信楽を舞台に、戸田恵梨香演じる陶芸家・川原喜美子の波乱万丈な人生を描く。2019年9月30日~放映中

2019年12月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。