今市隆二、色気あふれる芸術的ビジュアルで魅了!ボーカリストとしての強い思いも明かす

今市隆二、色気あふれる芸術的ビジュアルで魅了!ボーカリストと...の画像はこちら >>



6月10日発売の『AERA』6月17日号の表紙に、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの今市隆二が登場している。



グループでもソロでもボーカリストとして歌声を届けている今市は、歌手になるという夢を叶えて14年。

「僕から歌を取ったら何も残らない」というほど、何にも代えがたい歌への思いが強くあるという。



本誌では、そんな今市の生き方の根底となっている言葉にも迫っている。その言葉は、経営の神様と呼ばれる稲盛和夫氏の人生の指針であり、西郷隆盛の座右の銘でもあるそう。



また、ある番組でBE:FIRSTのメンバーから、三代目 J SOUL BROTHERSに「夢をもらった」と聞いたというエピソードを披露し、「僕は元々EXILEから夢をもらって今ここにいます。 自分がそういう立場になれたことは最高に嬉しい」と語った。



今市の今とこれからが詰まったインタビュー。

蜷川実花が撮影を担当した、これ以上ないほどに色気のある芸術的な写真も必見だ。