ハイブリッドエンジン搭載のスポーツトライクをホンダが公開

ハイブリッドエンジン搭載のスポーツトライクをホンダが公開

 東京モーターショー2015(10/30~11/8まで東京ビッグサイトで開催)では、ワールドプレミアは18台(前回24台)、ジャパンプレミアは15台(33台)と二輪車の展示が前回の2013年の開催時に比べて減少し、バイク乗りにとってはちょっと寂しい限りだ。


 そんな中でも、妖しいオーラを放っていたのが、ホンダ<7267>がワールドプレミアした「NEOWING」だ。前輪2輪、後輪1輪の逆トライクで、2輪のように傾けてコーナーを走り抜ける楽しさと安定感を両立させたスポーツハイブリッドモデルとなる。エンジンは低重心の水平対向4気筒+モーターのハイブリッドシステムを採用しているが、排気量は残念ながら非公表。


 また、フロントサスペンションにはダブルウィッシュボーンのような独自のリンク機構を採用し、アクチュエーターによるロール制御を行っているという。そのため低速時はフラつかずに、停車時には足をつかないでもバイク自体が自立するので、信号で停まる時は座ったままでもOKなのだという。


 同じように傾けて乗れるバイクとしてはヤハマ発動機<7272>のTRICITYや、PIAGGIOのMP3 Yourban 300があるが、こちらはシティコミューターとしての位置づけとなり、スクーターの手軽さに安定感や走る楽しさをプラスしたもの。NEOWINGはよりスポーティさを打ち出した、趣味性の高いビークルで、発売されたら新たなカテゴリーになるだろう。


 近年、欧米ではトライクの需要が高まりつつあり、自動車と二輪車の間のカテゴリーとしての地位を着実に築いている。体力の落ちた中高年ライダーの中には、二輪車からトライクに転向する傾向もあり、そういった背景も考えて、ホンダはスポーツハイブリッド三輪を提案してきたのだ。


 まだ実走行はしてないとのことだが、バイクファンなら、どんなハンドリングなのか、どんな乗り心地になるのか気になるところだろう。(編集担当:鈴木博之)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2015年11月1日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。