ヤマハ伝統のクラシックバイク「SR400」、遂に生産終了 最終限定車3月15日発売

ヤマハ伝統のクラシックバイク「SR400」、遂に生産終了 最終限定車3月15日発売

 ヤマハ発動機は、空冷単気筒4ストロークSOHC・2バルブエンジンを搭載した最終モデル「SR400 Final Edition」を2021年3月15日に発売すると発表した。また、カラーリングやエンブレムなどに特別仕様を施した「SR400 Final Edition Limited」を限定1000台で同日に発売する。


 なお、国内向けの「SR400」は、このモデルのリリースをもって「SR400」の生産を終了すると遂に公式に発表した。


 ボア×ストローク87.0×67.2mm・399ccのショートストローク・ビッグシングルを搭載するSR400は、1978年に発売され、44年にわたって販売されたロングセラー、クラシックモデルの代表だ。


 キックスターターによるエンジン始動。今となっては、まさにエンジンに火を入れる“儀式”が必要な機構だ。インジェクションになって格段に始動性は改善されたが、「一発始動」という満足感にひたれるのはオーナーの特権だ。


 1978年の初代発売以後、熟成と進化を重ねてきた「SR400」は、ビッグシングルの心地よい鼓動感、ベーシックでシンプルなスタイル、キックスターター方式など変わらない“SRらしい”個性により、エントリーライダーからベテランライダーまで、年齢を問わず幅広いユーザーに支持されてきた。


 最終モデルの「SR400 Final Edition Limited」は、多くの歴代SRファンに愛されてきた“ブラック”を採用した。職人の手作業による“ぼかし”サンバースト塗装を施したフューエルタンク、シリアルナンバー入り電鋳エンブレム、真鍮製音叉エンブレム、本革調シート、新色アルマイトのホイールリム、“Final Edition”を記した黒い文字盤のメーターなどを装備し、“SR400”の有終の美を飾る、ヤマハのモノ創りを集結させたモデルだ。1000台限定で価格は74.8万円。


当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ヤマハ」に関する記事

「ヤマハ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ヤマハ」の記事

次に読みたい「ヤマハ」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月24日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。