もう消費減税しかない!? 「悪いインフレ」進行でどんどん貧しくなるニッポン、エコノミストが指摘する解決策
拡大する(全1枚)

値上げの動きはいったいどこまで広がるのだろうか。

総務省が2022年5月20日に発表した4月の消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、前年同月比でプラス2.1%と、3月の同プラス0.8%から一気に上昇した。消費税率引き上げの影響を除くと、2009年9月以来の高い水準だ。

働く人の賃金引き上げの動きが鈍いままの「悪いインフレ」が続く......。そう指摘するエコノミストもいる。そうなると、人々はどんどん貧しくなる。解決策はないのだろうか。

食費だけで2人世帯、年間約3.8万円の負担増

総務省の発表によると、資源高で電気代やガソリン価格などエネルギー関連が大きく上昇、原材料高で食料品も上がったことが特徴だ。品目別に見ると、エネルギー関連が19.1%上昇。電気代は21.0%、ガソリンも15.7%上がった。

生鮮食品以外の食料は全体で2.6%上がった。原材料価格の高騰で、食パン(8.9%)やハンバーガー(6.7%)、調理カレー(16.5%)、食用油(36.5%)などの上昇が目立った。

さらに、生鮮食品は12.2%も上がった。なかでもたまねぎ(98.2%)やキャベツ(49%)などの高騰が際立つ。ノルウェー産のさけも13%上がったが、ウクライナ情勢悪化によってロシアを迂回して運ぶコストがかさんだためだ。

一方、日本経済研究センターがまとめた民間エコノミストの経済予測「ESPフォーキャスト調査」によると、物価上昇率は4~6月期が前年同期比プラス1.94%、7~9月期が1.90%、10~12月期が1.88%となっており、インフレが年内も続く可能性が高い。