大川小の悲劇から5年、遺族勝訴でも怒る“証拠ビデオ”の存在

大川小の悲劇から5年、遺族勝訴でも怒る“証拠ビデオ”の存在



「今日の判決にはなにひとつ納得できません。当時の校長や(当日学校にいて唯一生き延びた男性教師)A先生に《救助活動をする義務がなかった》とは、どういうことなのか、人として、教員としてどうなのか−−」



2011年3月11日の東日本大震災による大津波で、宮城県石巻市立大川小学校5年生だった二女・紫桃千聖ちゃん(享年11)を亡くした母・さよみさん(50)が、怒りをあらわにして言う。



地震発生から津波が襲うまでの「51分間」。教師の判断で校庭に座らされ、裏山ではなく三角地帯(川の堤防方向)に避難させられて死亡・行方不明となった児童74人のうち、23人の遺族が市と県に計約22億6,000万円の損害賠償を求めていた大川小訴訟。



10月26日、仙台地裁より市と県に、計14億3,000万円の支払いを命じる判決が出された(控訴期限は2週間)。だが《勝訴 子供たちの声が届いた!!》と書かれた旗文字は“終結”を示すものではなかった−−。



ジャーナリストの池上正樹さんが言う。



「お金のための訴訟ではなかった。あの51分間に“何が起きたのか”を知るための闘いでした。《校庭にいた先生に子どもの命を守る義務があった》と市と県の法的責任を認めて遺族の『勝訴』となりましたが、5年7カ月をかけた裁判でも、知りたかった部分はほぼ不明のまま−−。そこに遺族のもどかしさがある」



学校側の“真実を隠す”体質は、3月11日の震災直後から繰り返されてきたという。千聖ちゃんの父・隆洋さん(52)が振り返る。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

女性自身の記事をもっと見る 2016年11月4日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「京都府」のニュース

次に読みたい関連記事「京都府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「兵庫県」のニュース

次に読みたい関連記事「兵庫県」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「静岡県」のニュース

次に読みたい関連記事「静岡県」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。