安田顕 愛娘の北海道から名門私立中合格に「よほど優秀」の声の画像はこちら >>



芦田愛菜ちゃんだけじゃなく、ヤスケンさんの娘さんもこちらに合格していたとは驚きでした。校内ではもう有名みたいですね」(学校関係者)



4月8日に東京都内で行われた名門私立中の入学式に、安田顕(43)夫妻が娘と出席していた。

もともとは、地元・北海道で大泉洋(44)らと設立した演劇集団『TEAM NACS』出身の安田。今期は4月スタートの『小さな巨人』(TBS系)に出演している。



「02年に一般女性と結婚。2年後に長女に恵まれています。妻と娘を地元の北海道に残して、東京には“単身赴任”していたはずなんですが……」(プロダクション関係者)



これまでは都内の賃貸マンションにひとり暮らしだった安田だが、長女が入学した名門私立中は全国でも屈指の難関。歓喜の合格を機に、ついに家族そろって東京に暮らすことになったようだ。



「彼の携帯電話の待ち受け画面は娘さんの写真ですよ。見せてもらったら、目もとが父親そっくりでした」(知人)



だが、北海道にも進学校はいくつもある。愛娘を“越境進学”させた理由を聞こうと、都内の自宅から出てきた安田を直撃したが――。



「僕自身を取り上げていただくのは大変ありがたいんですが、家族を守るべき立場なので、やっぱりそれを貫き通したいんです」



毅然とした態度で、こう頭を下げた。前出の学校関係者が話す。



「安田さんの娘さんが北海道から受験して合格したと聞いて、心の底から驚きました。

地方から、そんな簡単に受かる学校じゃないですから。よほど優秀なお子さんなんでしょう。ただ、生徒も保護者もセレブというか、“選ばれし者”ばかりの学校です。北海道出身というのが目立つのは事実。すんなり溶け込めるかが心配です」



愛菜ちゃんと助け合って学校生活を送ってほしい――。