伊藤詩織さん明かす“レイプ告白”の反響「女性からの非難も…」

伊藤詩織さん明かす“レイプ告白”の反響「女性からの非難も…」



「レイプって聞くと、すごく異常な人がする行為だという認識があると思うんです。でも、私が被害を警察に相談しに行ったとき、『よくある話だ』と言われて、驚きました。本当は、よくある話であってはいけないのに」



そう話すのは、自身が受けたレイプ被害について記した著書『Black Box』(文藝春秋)を先月、出版したジャーナリストの伊藤詩織さん(28)。詩織さんは、アメリカの大学でジャーナリズムを学んだあと、日本の通信社でインターンをしていた。



'15年4月3日、アメリカ滞在時に面識のあった元TBSワシントン支局長の山口敬之氏と会食。その後意識を失い、レイプ被害を受けたと訴えた。山口氏から支局での採用の話を受け、ビザの相談をしている中での出来事だった。



その後、詩織さんは被害届を提出。'15年6月には、“準強姦罪”(※1)の容疑で逮捕状が発布されたが、警視庁刑事部長(当時)から異例の“待った”がかかり、逮捕は見送りに。山口氏は'16年7月、不起訴となった。



詩織さんは今年5月、名前と顔を公表して記者会見を開き、検察審査会(※2)に審査申立を行ったが、不起訴相当の議決が出た。そして、「同じような被害に遭う人をなくしたい。そのためのキッカケになれば」と、詩織さんは自身のレイプ被害をすべてさらけ出し、出版に踏み切ったのだ。



「レイプのような性暴力をなくすには、まず、被害をオープンに話せるようにしないといけないと思ったんです」(詩織さん・以下同)

あわせて読みたい

気になるキーワード

記事提供社から

「伊藤詩織さん明かす“レイプ告白”の反響「女性からの非難も…」」の みんなの反応 349
  • 匿名さん 通報

    告白本があれだけ読まれて世間の耳目を集めているにも関わらず、テレビメディアの黙殺ぶりには、驚愕と落胆、憤慨しかない。

    271
  • 匿名さん 通報

    いち個人の刑事事件なのに、なぜか28万人いる警察官のトップクラスのキャリアー警察官僚が事件に関与して、逮捕不執行などと云う前代未聞の指示をしたのか? 官僚関与の森友学園・加計学園と同じ構図

    251
  • 検察審査会 通報

    検察審査会で否定されているのに「レイプされた」と主張し続けるのは、相手から逆に告訴されますよ。あたかもレイプが事実のように伝えるのもどうかと思います。「加害者側」という表記も問題。

    232
  • 匿名さん 通報

    検察審査会の判断に同意する必要はない。伊藤さんはこれまでどおり自分の主張を続ければよい。裁判の判決に服す義務はあるが同意する義務はない。

    180
  • 匿名さん 通報

    刑事で起訴できなかった時点で詐欺師確定

    71
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「監禁」のニュース

次に読みたい関連記事「監禁」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。