新型コロナの流行を予測したビル・ゲイツが急性期の終わりを予測「2022年末までに大幅に減少するだろう」

新型コロナの流行を予測したビル・ゲイツが急性期の終わりを予測「2022年末までに大幅に減少するだろう」
image credit:gatesnotes

 マイクロソフト社の創業者で、現在は慈善活動家として活動するビル・ゲイツ氏は、2018年に近い将来の疫病の大流行を予測し、的中させてしまったことで陰謀論に巻き込まれたりもしたのだが、その収束の時期についての新たな見解を自身のブログ「Gates notes」に公開した。

 2022年のうちに急性期を終え、静かに鎮静化するという。「コロナ禍の急性期は、2022年のどこかの時点で終わると思います。」

 また、2021年を振り返り、予想以上に困難な年だったと述べている。

予想以上に困難な年となった2021年 ゲイツ氏にとって、2021年は予想より悪い年だったようだ。新型コロナによる死者数は、2020年を上回り、デルタ株も出現した。またワクチン接種も期待したほど進まなかった。

 これについて彼は次のように述べている。
このような感染力が強い変異株の登場は予想しませんでしたし、人々にワクチン接種やマスク着用を納得させる難しさを甘くみていました
 また、パンデミックの影響は精神面にも及び、人と人とを分断させ、世界に孤独感が蔓延していったことも、暗い要因の1つだと語る。

 ゲイツ氏自身も、対面して人と接する時間が減ったことで、方向感覚を失うような奇妙な体験をしたという。

[動画を見る]

2022年には新型コロナの急性期が終わると予測 しかし、オミクロン株が台頭している中にあっても、2022年には希望を持っているという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク