太陽の光がなくても酸素を作れる微生物が発見される

太陽の光がなくても酸素を作れる微生物が発見される
 人間をはじめ、多くの生物が呼吸できるのは「酸素」のおかげだ。それは太陽の光の力を借りて、光合成を通じて作られている。だが、そんな常識がくつがえる発見がなされた。

 光が届かない真っ暗闇の中でも、自力で酸素を作って生きられる微生物がいることが明らかになったのだ。

 これまで知られていなかったこの意外な生物学的プロセスは、『Science』(2022年1月6日付)で報告されている。

なぜ酸素のない海で生きられるのか謎だった 今回、暗闇でも酸素を生成する能力を持つことが判明した微生物は、「ニトロソプミルウ・マリティムス(Nitrosopumilus maritimus)」という微生物と、その同類である「アンモニア酸化古細菌」の仲間だ。

 新たに発見された能力ではあるが、海の中にうじゃじゃいる。海水をバケツですくえば、そこに含まれる細胞5個のうち1個は彼らのものであるくらい一般的だ。

 南デンマーク大学の微生物学者ベイト・クラフト助教によれば、そうした微生物は「海洋の窒素循環」に大きな役割を果たしているという。だが、一つ大きな謎があった。

 「そのためには酸素が必要です。なのに酸素がまったくない海にも豊富に存在します。これが長年の謎でした。ただ、そうした海を漂っているだけなのでしょうか? それとも幽霊のようなものなのでしょうか?」

[画像を見る]

自ら酸素を生成する微生物、ニトロソプミルウ・マリティムス / image credit:genome.jgi.doe.gov/自ら酸素を生成して生き延びていたことが判明 研究グループは、そうした微生物が光も酸素もない環境でどうなるのか、実験で確かめてみることにした。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク