ティム・バートン、”変わりもの”と呼ばれた過去をキャラクターに反映|映画『ダンボ』独占情報解禁

ティム・バートン、”変わりもの”と呼ばれた過去をキャラクターに反映|映画『ダンボ』独占情報解禁
ディズニー・アニメーションの国や世代を超えて愛され続ける名作『ダンボ』をベースに、オリジナル脚本で実写映画化するのは『シザーハンズ』、『チャーリーとチョコレート工場』、『アリス・イン・ワンダーランド』などで強い個性を持つキャラクターたちの成長を描いてきた鬼才ティム・バートン監督。「(『ダンボ』が)お気に入りのディズニー・アニメーション」と語る彼が、その独特な映像美と世界観でファンタジックに描く全世界注目の奇跡の物語が3月29日(金)に公開となる。

ティム・バートンがこの映画に込めた想いとは?

この映画の公開に際し、自身の過去の経験を反映している主人公たちが存在し、社会に馴染めないという共通点がある、というエピソードがコリン・ファレルやバートン監督自身から語られた。独特な世界観を持つ作品でこれまで多くの人を魅了してきた鬼才ティム・バートンは「自分が人とは違うという気持ちは、一生背負うもの。私は思春期の頃“変わっている”というレッテルを貼られたことで周囲に馴染めず、場違いな思いをしたことがある」と周りから変わり者と呼ばれ、社会に溶け込めなかった過去を持っていたことを振り返った。続けて「だからこそ孤立した境遇をもつキャラクターに共感する」と、この過去の経験はキャラクターたちの気持ちを汲み取り、魅力を引き出すバートン監督の原動力となったことを語っている。ダンボの運命を握るキーマン、ホルトを演じたコリン・ファレルも「ティムはアウトサイダーとしての気質を持っていて、それが作品に反映されている。人生において誰しも一度は経験する孤立という普遍的なものが、おそらく彼に強く影響を及ぼしていると思う」と、バートン監督の孤立していた過去が『ダンボ』にも見事に投影され、活かされていることを裏付けた。

あわせて読みたい

Qeticの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ディズニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ディズニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スタジオジブリ」のニュース

次に読みたい関連記事「スタジオジブリ」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月25日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。