フランス代表は17日に行われたオーストリアとのEURO初戦に1-0で勝利した。前半38分の相手のオウンゴールが結果的に決勝点となっている。

この試合ではフランスのエース2人にアクシデントが発生。

アントワーヌ・グリーズマンは相手との接触した後にピッチ脇の広告に頭部が激突。額付近を切って出血したため、頭に包帯を巻いてプレーを続けた。

また、終盤にはキリアン・エムバペも相手との接触で鼻から流血。かなり痛そうにしていたエムバペは応急処置後にピッチに戻るもすぐに座り込んでしまうと、その後交代となった。

試合後、ディディエ・デシャン監督は「エムバペは鼻を骨折した?どうやらそうだ。

彼の鼻はかなりよくない。様子を見るしかない。たとえ、鼻であっても、我々にとっては非常に悩ましいことだ」と『TF1』で話していたそう。

エムバペが鼻骨骨折となれば、今後の戦いに影響が出そうだが、果たして。