河村勇輝ら「特指」選手の活躍に沸くBリーグ キャリア形成の進化のヒントはJリーグ?

河村勇輝ら「特指」選手の活躍に沸くBリーグ キャリア形成の進化のヒントはJリーグ?

河村勇輝などの活躍で、高校や大学の部員がBリーグのクラブと二重登録ができる特別指定制度への注目度が増している。岡田侑大や馬場雄大など大学の中途退部後のプロ入りも増えてきた。バスケ界の若者の選択肢が少しずつ多様化を見せる中、かつてJリーグで起こった現象を辿るとBリーグのこれからが見えてくる。

(文=大島和人、写真=KyodoNews、GettyImages)

特別指定選手の活躍に沸くBリーグ

2020年冬、Bリーグは特別指定選手の活躍に沸いている。その代表はやはり河村勇輝だ。福岡第一高校をウインターカップ2連覇に導いた18歳のポイントガード(PG)は、卒業を待たずに三遠ネオフェニックス入り。1月25日のデビューから7試合で平均14.7得点を挙げ、B1の日本人選手としてトップレベルの攻撃力を見せている。彼の絡む試合のチケットは現在4試合連続で完売中だ。

特別指定制度は「3月31日時点で22歳以下」が対象で、通常の12人枠にプラスして2名以内を登録できる仕組みだ。Bリーグは秋開幕で、最終シーズンを終えた選手は年末か年明けに合流する。

高校、大学の部員がBリーグのクラブと二重登録できるところに制度の大きなメリットがある。テーブス海(宇都宮ブレックス)のように、大学を中退したプロ選手もこの枠で登録できる。

★主な特別指定選手(2019-20シーズン/2月14日時点)
多田武史(拓殖大学4年/秋田ノーザンハピネッツ)
大倉颯太(東海大学2年/千葉ジェッツ)
小酒部泰暉(神奈川大学3年/アルバルク東京)
盛實海翔(専修大学4年/サンロッカーズ渋谷)
増田啓介(筑波大学4年/川崎ブレイブサンダース)
赤穂雷太(青山学院大学3年/横浜ビー・コルセアーズ)
河村勇輝(福岡第一高校3年/三遠ネオフェニックス)
西田優大(東海大学3年/名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
中村浩陸(大東文化大学4年/大阪エヴェッサ)
牧隼利(筑波大学4年/琉球ゴールデンキングス)


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「バスケットボール + B.LEAGUE.」のおすすめ記事

「バスケットボール + B.LEAGUE.」のおすすめ記事をもっと見る

「バスケットボール + 日本代表」のおすすめ記事

「バスケットボール + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「陸上競技」のニュース

次に読みたい関連記事「陸上競技」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月14日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. バスケットボール B.LEAGUE.
  2. バスケットボール 日本代表

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。