ギャング・オブ・フォーのアンディ・ギルが死去、ポストパンクを代表するギタリスト

ギャング・オブ・フォーのアンディ・ギルが死去、ポストパンクを代表するギタリスト
イギリスのポストパンクを代表するバンド、ギャング・オブ・フォーのギタリストであるアンディ・ギルが2月1日に亡くなった。享年64歳。

ギルの現在のバンドメイトであるトーマス・マックニース、ジョン・ジェイラー、トビアス・ハンブルは、土曜日にギタリストの死をTwitterで発表した。担当者によると、ジルは呼吸器疾患のためにロンドンの病院で亡くなったという。バンドは声明のなかで、「お伝えするのが心苦しいですが、私たちの偉大な友人にして崇高なるリーダーが今日亡くなりました。彼は病院のベッドにいながらも次のツアーを計画し、新しいレコードを出すために制作中の音源を聴いていました」と哀悼の意を表している。

Andy Gill. pic.twitter.com/DHNCz5lAe6— GANG OF FOUR (@gangof4official) February 1, 2020

ギャング・オブ・フォーは1977年、イギリスのリーズ大学の学生だった4人で結成。1979年の傑作デビュー作『Entertainment!』を皮切りに9枚のアルバムを発表している。ポストパンクの代表格として活躍し、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、R.E.M、U2ニルヴァーナ、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、フランツ・フェルディナンドなど多くのバンドに影響を与えた。ファンク色の強いサウンドと政治的な歌詞で知られ、アンディの鋭利なギターがトレードマークだった。

2004年にオリジナル・メンバー4人で再結成し、翌年にフジロック出演。そこからメンバーチェンジを重ね、2012年にボーカルのジョン・キングが脱退したことで、結成メンバーはアンディのみとなった。彼は新しいメンバーを率いて精力的にツアーを行いながら、2015年に布袋寅泰が参加した『What Happens Next』、2019年に『Happy Now』をリリースしている。

アンディの体調不良による延期を経て、ギャング・オブ・フォーは2019年10月に来日公演を開催したばかりだった。

あわせて読みたい

鈴木雅之のプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「細野晴臣」のニュース

次に読みたい関連記事「細野晴臣」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「八代亜紀」のニュース

次に読みたい関連記事「八代亜紀」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「CrystalKay」のニュース

次に読みたい関連記事「CrystalKay」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月2日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。