素顔の浜田省吾 水谷公生と紐解く最新ミニアルバム
拡大する(全1枚)
日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2020年12月の特集は、浜田省吾2020。今回はFairlife名義でリリースされたアルバムの中から浜田省吾がボーカルを担当した楽曲を中心に集めてリメイクし、2020年11月11日に発売となった浜田省吾の最新ミニアルバム『In the Fairlife』を、アレンジャーでありFairlifeのメンバーである水谷公生と共に語っていく。

田家秀樹(以下、田家):こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。今流れているのは、浜田省吾さんの「みちくさ」。先月発売になったミニアルバム『In the Fairlife』の一曲目です。今週の前テーマはこの曲です。

2020年12月の特集は浜田省吾。毎年12月というのは、恒例の忘年会企画というものをやっておりまして。あなたと私の忘年会、楽しく一年を終えましょうという月なんです。浜田省吾さんは、2020年11月11日に8曲入りのミニアルバム『In the Fairlife』を発売しました。Fairlifeというのは、様々なアーティストが浜田さんの曲を歌う、ソロ活動とは別のユニットですね。2004年、2007年、2010年に出たアルバムの中から、浜田さんが歌っている曲を集めたアルバムです。このアルバムを入り口にお送りしようと思っております。この12月の忘年会企画は一人でやることが多いんですが、今年は新型コロナウイルスの影響もあって一人で番組をやらなければならない月も多かったので、最後は楽しくゲストをお招きして終わりましょうと、この方をお招きしました。アレンジャー、プロデューサーとして、1970年代から浜田さんの制作活動に参加しているFairlifeのメンバー、水谷公生さんです。