グレタ・ヴァン・フリート、ロックの救世主が手にした「映画的な傑作アルバム」を考察

グレタ・ヴァン・フリート、ロックの救世主が手にした「映画的な傑作アルバム」を考察
拡大する(全3枚)
2019年にグラミー賞を受賞したアメリカの4人組バンド、グレタ・ヴァン・フリートが待望のニュー・アルバム『The Battle At Gardens Gate』をリリース。日本のロック・ファンとも相思相愛の関係を築いてきた彼らの新境地を、音楽ライターの荒金良介が考察。

グレタ・ヴァン・フリートの2ndアルバム『The Battle At Gardens Gate』がとにかく素晴らしい。一度目に聴いた衝撃もさることながら、聴き返すたびに感動は膨らむばかりだ。早くも2021年を代表する作品と言いたい。先行MVが「My Way, Soon」、「Age Of Machine」、「Heat Above」と公開される中、そのどれもが斬新な映像描写でファンの好奇心を煽り続けた。特に「Heat Above」はメンバー4人が中世貴族のような白装束に身を包み、時代や流行を超越したアーティスティックな雰囲気を放っている。また、先行で聴いたそれらの楽曲たちがアルバム内に収まると、新たな命を吹き込まれたように輝きが増していることに気づく。1曲1曲のクオリティはもちろん、作品のトータル性においても隙のない傑作が誕生した。

「レコーディング中に、アルバムのタイトルとテーマのアイディアは色々と出し合ってた。それで、アルバムの半分の曲ができた頃に、これはすごくシネマティックなアルバムになるって分かったんだ」(ダニー・ワグナー:Dr、以下発言同)

この記事の画像

「グレタ・ヴァン・フリート、ロックの救世主が手にした「映画的な傑作アルバム」を考察」の画像1 「グレタ・ヴァン・フリート、ロックの救世主が手にした「映画的な傑作アルバム」を考察」の画像2 「グレタ・ヴァン・フリート、ロックの救世主が手にした「映画的な傑作アルバム」を考察」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク