ブリング・ミー・ザ・ホライズンが語る、「フューチャー・エモ」で若い世代と共鳴する理由

ブリング・ミー・ザ・ホライズンが語る、「フューチャー・エモ」で若い世代と共鳴する理由
拡大する(全2枚)
2019年リリースの6枚目のアルバム『アモ』で、ロックという枠にとらわれないエクスペリメンタルなアプローチで、最新型のクロスオーバー・ミュージックを打ち出したブリング・ミー・ザ・ホライズン。このバンドはロックという音楽にできることの境界線を超えてまで、時代を映し出す音楽、時代の最先端の音楽をやることにこだわりを持つ稀有な存在だ。そのこだわりは音楽面だけでなく、歌詞のメッセージにも及んでいる。

【動画を見る】新章となるシングル「DiE4u」ミュージックビデオ

2020年に入って、コロナ時代が到来すると、バンドは<ポスト・ヒューマン>というタイトルのEPシリーズを連続リリースするというプランを発表。<ポスト・ヒューマン>の第1弾リリースとなるEP『ポスト・ヒューマン:サバイバル・ホラー』では、コロナ時代にどう前に進んでいくのかをテーマに掲げて、アグレッシヴなロック・ミュージックをフューチャリスティックなアプローチで聴かせるという新たなサウンドを打ち出した。そして、<ポスト・ヒューマン>の第2フェーズの幕開けとなる、待望の第1弾シングル「DiE4u」がリリースされたのだが、この曲では、これまで以上にメロディックでエモーショナルな ”フューチャー・エモ” サウンドを聴かせ、歌詞はよりパーソナルなテーマを扱っていて、また新たな進化を見せているのだ。ヴォーカルのオリーことオリヴァー・サイクスに話を聞いた。

この記事の画像

「ブリング・ミー・ザ・ホライズンが語る、「フューチャー・エモ」で若い世代と共鳴する理由」の画像1 「ブリング・ミー・ザ・ホライズンが語る、「フューチャー・エモ」で若い世代と共鳴する理由」の画像2

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク