デュラン・デュランが語る、80年代が特別だった理由、革新的であり続けるためのバンド論

デュラン・デュランが語る、80年代が特別だった理由、革新的であり続けるためのバンド論
拡大する(全3枚)
最新アルバム『FUTURE PAST』が大好評のデュラン・デュラン。80年代を席巻したニューロマンティックの旗手が、デビュー40周年を迎えた今も最前線を走り続ける理由とは? サイモン・ル・ボン、ニック・ローズ、ジョン・テイラー、ロジャー・テイラーの4人が大いに語る。

【画像を見る】デュラン・デュランの近影

ーニューアルバムの発売おめでとうございます。このアルバムはとても前向きで、さまざまな音楽スタイルがミックスされています。斬新な方法で、あらゆるものがミックスされたアルバムです。

ジョン:そう言ってもらえるのは興味深いね。先日、ニックが「僕らは過去と未来に片足ずつ突っ込む傾向がある」と言っていたけど、新しいアルバムでは、おそらくこれまでのどの作品よりも、自分たちの歴史を参照しているように感じているんだ。

ーどのような点で?

ジョン:まずは、マイク・ガーソン(デヴィッド・ボウイの鍵盤奏者)がゲストとして参加していること。彼はアルバムの最後の曲「FALLING」に参加しているんだ。マイク・ガーソンは、僕らが10代の頃に大きなインスピレーションを与えてくれた。このアルバムは、ある特定の時期の重要な出来事で締めくくられているんだ。例えば(CHAIをフィーチャーした)「MORE JOY!」は、10代の自分たちのことを指していると思う。でも、前を向いていると思ってもらえたのは嬉しいね。

ーみなさんはユニークなポジションを築いてますよね。40年もバンドを続けているのに、いまだに革新的かつ実験的であり、それを期待しているオーディエンスがいるのですから。

この記事の画像

「デュラン・デュランが語る、80年代が特別だった理由、革新的であり続けるためのバンド論」の画像1 「デュラン・デュランが語る、80年代が特別だった理由、革新的であり続けるためのバンド論」の画像2 「デュラン・デュランが語る、80年代が特別だった理由、革新的であり続けるためのバンド論」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク