傷つくくらいなら「日本の駅弁と中国高速鉄道の弁当を比較しなければよかった」=中国

傷つくくらいなら「日本の駅弁と中国高速鉄道の弁当を比較しなければよかった」=中国
中国メディアは、「傷つくくらいなら、日本の駅弁と中国高速鉄道の弁当を比較しなければよかった」と論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国人が誇りとする高速鉄道。しかし、その車内で販売されている弁当は中国国民からも不評だ。一方の日本の駅弁はあまりにおいしそうで価格も適正だと中国でも評判だ。そんななか、中国メディアの今日頭条は9日、「傷つくくらいなら、日本の駅弁と中国高速鉄道の弁当を比較しなければよかった」と論じる記事を掲載した。

 日本を訪れる中国人旅行客が年々増加しているためか、日本の駅弁の美味しさや品質の高さ、彩りの良さは中国でも広く知られるようになった。記事は、日本で売られている駅弁を取り上げつつ、中国高速鉄道の車内で販売されている弁当と「比較」した。

 日本の駅弁は1000円(約62元)前後であるものが多く、これは中国の物価水準からすると決して安くはないが、中国高速鉄道では50元以上もする弁当が販売されている。中国では昔から高速鉄道の弁当のレベルの低さが指摘されているが、批判を受けても目立った変化はなく、多くの人は食べ物を持ち込むか、お腹が空いても我慢するか、カップラーメンを食べるなど別の選択肢を取っている。

 記事は日本の駅弁の写真を大量に掲載したうえで中国ネット上の声を紹介。一部には「中国のほうがボリュームはある」、「冷たい弁当は食べたくない」という中国人も見られたものの、中国の弁当に失望している人は多いようで、中国高速鉄道では格安の15元の弁当もあるにはあるが、数量限定の「客寄せ」に過ぎず、60元出しても中国の弁当は「一言で言えばごみ」だと厳しく批判している人も多く見られたことを紹介した。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月17日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。