【1985年4月1日廃止 国鉄・万字線の現状と足跡(2)】炭鉱の歴史を後世に伝える朝日駅と人のつながり

【1985年4月1日廃止 国鉄・万字線の現状と足跡(2)】炭鉱の歴史を後世に伝える朝日駅と人のつながり

(前回)【1985年4月1日廃止 国鉄・万字線の現状と足跡(1)】当時の面影を残す志文駅と上志文駅
→https://tetsudo-ch.com/10478445.html

1985(昭和60)年4月1日に全線廃止となった「国鉄・万字線」を訪ねる旅。前回は起点となる「志文駅」、スキー列車が運行されていた「上志文駅」を訪れました。第2話は朝日駅からスタート。駅舎の保存状態がよい理由は地域内外の有志のおかげでした。

朝日炭鉱のあゆみ

【1985年4月1日廃止 国鉄・万字線の現状と足跡(2)】炭鉱の歴史を後世に伝える朝日駅と人のつながり
歴史と風格が漂う駅舎

朝日駅は北海道採炭会社幌内炭礦(後の朝日炭砿)の開坑に伴い、1919(大正8)年11月11日に開業しました。地名の由来は「駅付近の旭沢の方角から朝日が昇るから」、「朝日のように炭砿が興隆してほしいという願いから」など諸説あります。

【1985年4月1日廃止 国鉄・万字線の現状と足跡(2)】炭鉱の歴史を後世に伝える朝日駅と人のつながり
石炭輸送最盛期の朝日駅(万字線鉄道資料館所有)

朝日炭鉱は明治末期に採掘され、昭和40年代には10万トンを超える生産量を記録しました。また1952(昭和27)年にはブレーキの緩みにより石炭貨車(30トン)9輌が暴走し、二駅先の志文駅の待避線で脱線停止。4輌が大破する事故が発生しています。

【1985年4月1日廃止 国鉄・万字線の現状と足跡(2)】炭鉱の歴史を後世に伝える朝日駅と人のつながり
すぐ目の前が炭鉱跡だと気づく者は少ない

かつては朝日駅北側に選炭場、駅北西部に炭鉱住宅が広がっていました。草むらの中のコンクリート遺構が当時の様子を語り掛けます。朝日炭鉱は大手に比べて規模が小さかったため、住民はみんな顔見知りで家族のような付き合いだったそうですが、1974(昭和49)年の閉山により人々は引き離されてしまいました。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月5日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。