冨安が守備の要! 若手補強のボローニャが”今夏ベスト移籍ランクTOP10″に

冨安が守備の要! 若手補強のボローニャが”今夏ベスト移籍ランクTOP10″に

ボローニャに加わる冨安 photo/Getty Images

今季の戦いは期待できるか

まだ市場は終わっていないが、今夏の移籍市場で1番強化されたチームはどこなのか。米『Bleacher Report』がランキング形式で紹介しているのだが、8位に入ったのがセリエAのボローニャだ。

ボローニャといえば日本代表DF冨安健洋が加わったチームで、同メディアは冨安とデンマーク世代別代表に選ばれる19歳FWアンドレアス・スコフ・オルセンの獲得を高く評価している。オルセンは昨季デンマークのノアシェランで22得点を記録しており、ウイングを主戦場としている。この得点力をセリエAでも活かせると面白い。

冨安に関しては「実力ある何人かのストライカーを抑えてきた日本のDF」と評価しており、ボローニャにとっては攻守の要と言ったところか。若い2人だが、セリエAでどこまで通用するかが浮上のポイントになる。

その他にボローニャはユヴェントスからレンタル移籍で獲得していたFWリッカルド・オルソリーニを完全移籍で獲得、FWニコラ・サンソーネも完全移籍、クラブ・ブルージュからはDFステファノ・デンスビルも獲得している。

それ以降のランキングは7位にセバスティアン・ハラーを獲得したウェストハム、6位はアデモラ・ルックマンやクリストファー・ヌクンクら若手を補強したライプツィヒ、グリーズマンやフレンキー・デ・ヨングを獲得したバルセロナが5位、4位はDFディエゴ・ゴディンらを獲得したインテル、ベルギーでゴールを量産したFWウェズリーを獲得したアストン・ビラ、2位は久保建英やエデン・アザール、ルカ・ヨビッチらを獲得したレアル・マドリード、1位はマタイス・デ・リフト、アーロン・ラムジー、アドリエン・ラビオらを獲得したユヴェントスが選ばれている。

日本人選手2人のクラブがランクインすることになったが、即戦力と見られている冨安は期待に応えられるのか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

あわせて読みたい

気になるキーワード

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る 2019年7月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら