子どもにお金を残したい…老後資金の準備と「終活」の進め方

子どもにお金を残したい…老後資金の準備と「終活」の進め方

金融庁の「老後2000万円問題」の話題を目にすると、老後の生活に不安を感じる方も多いと思います。自分の老後の準備をしながら、できれば、さらに年金情勢が厳しくなる子・孫にお金を残してあげたい。これからのお金の貯め方や残し方について見てみましょう。



■自分の老後資金「公的年金」以外の必要額は?



まずは公的年金の支給額と、自力で準備すべき老後資金の目安について確認していきましょう。



《新規裁定者(67歳以下)の公的年金の受給例》
国民年金…(満額の場合)受給者1人あたり月額6万5008円
・厚生年金…(モデル世帯の場合)月額22万1504円
(厚生労働省の『平成31年度の年金額改定についてお知らせします( https://www.mhlw.go.jp/content/12502000/000468259.pdf )』参考)
※モデル世帯・・・夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額
※厚生年金について・・・夫が平均的な収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)42.8万円)で40年間就業し、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯が年金を受け取り始める場合の給付水準となっています。



《老後の生活費について》
総務省統計局の『家計調査報告(家計収支編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)( https://www.stat.go.jp/data/kakei/2018np/index.html )』によると、60代の2人以上世帯における1カ月あたりの平均消費支出額は29万1019円。


あわせて読みたい

気になるキーワード

LIMOの記事をもっと見る 2019年11月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。