国内線 定期旅客便搭乗率トップ「成田~関西線」 90%超の記録も…なぜ?

国内線で、最も搭乗率の高い路線はどこなのでしょうか。トップ10を見ると成田空港関西空港を発着するLCC路線が並びます。そのなかで実は安定してトップなのが成田~関西線です。なぜここまで高いのかLCCに聞きました。

トップ5は成田路線が多数 背景にはLCC

 飛行機の旅客定期便が運航している国内線で、もっとも搭乗率の高い路線はどこなのでしょうか。

 国土交通省が2020年5月12日(火)に発表した、2019年10月から12月のデータによると、その期間、客席数が100席以上もしくは最大離陸重量が5万kgを超える機体を使って運航する「特定本邦航空運送事業者」で、航空旅客便が運航された国内路線は191に上ります。このなかから定期便が運航されている路線で、搭乗率が高いところ、すなわち運航された便の総席数に対し空席の少なかった路線の上位5つを見ていきます。

国内線 定期旅客便搭乗率トップ「成田~関西線」 90%超の記録も…なぜ?

ジェットスターの飛行機(2019年、伊藤真悟撮影)。

●2019年10月から12月期の、国内線搭乗率トップ5
・1位 成田~関西線:89.8%
・2位 成田~石垣線:89.1%
・3位 関西~宮崎線:86.5%
・4位 成田~熊本線:86.3%
・5位 成田~鹿児島線:86.2%

 利用者数ランキングでは羽田空港を発着する路線がトップ5すべてを占めていますが、搭乗率の高さという点では、成田空港発着路線がトップ5のうち4つを占める結果となりました。

 この結果の要因のひとつに、、ジェットスター・ジャパンやピーチといったLCC(格安航空会社)の存在が挙げられます。ジェットスターは成田空港、ピーチは関西空港を本拠としており、そして両LCCが運航している成田~関西線がトップに君臨します。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「国土交通省 + ハザードマップ」のおすすめ記事

「国土交通省 + ハザードマップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「国土交通省」のニュース

次に読みたい関連記事「国土交通省」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月16日の社会記事

キーワード一覧

  1. 国土交通省 ハザードマップ

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。