孤軍奮闘した空母「飛龍」のミッドウェー 却下された意見具申は命運を変え得たか?

       

太平洋戦争の帰趨を大きく左右したミッドウェー海戦、日本に勝ち目は全くなかったのでしょうか。壮絶な最期を遂げた空母「飛龍」と山口多聞司令官の戦いを追いつつ、勝敗の分かれ道だったかもしれないひとつの「if」を考察します。

ミッドウェー海戦 太平洋戦争の命運分けた「6分間」の「その後」

 1942(昭和17)年6月5日(日本時間)のミッドウェー海戦では、同午前7時22分(現地時間6月4日午前10時23分)から6分間のアメリカ艦爆(艦上爆撃機)隊による攻撃で、日本海軍が誇った第一航空艦隊の空母「赤城」「加賀」「蒼龍」が次々と被弾、ダメージコントロールの稚拙さもあって大破炎上、戦闘力を喪失してしまいます。

 たまたま敵雷撃機からの回避運動で上述の3空母から離れ、曇天の下にいた「飛龍」は攻撃を免れます。3空母が炎上する様を見た第二航空戦隊の山口多門司令官は、旗艦「飛龍」より全艦に対して「我レ今ヨリ航空戦ノ指揮ヲ執ル」の信号を発します。孤軍奮闘の反撃が始まりました。

孤軍奮闘した空母「飛龍」のミッドウェー 却下された意見具申は命運を変え得たか?

ミッドウェー海戦に臨む「飛龍」。写真右側に敵の水平爆撃で弾着した水柱が上がる(画像:アメリカ海軍)。

「無敵」だった日本の第一航空艦隊

 世界初の空母機動部隊として編制された日本海軍第一航空艦隊は、真珠湾攻撃はじめ緒戦の作戦で多くの戦果を挙げ無敵と言われました。しかしこれは最強という意味ではなく、物理的に敵空母が存在しないという意味での「無敵」でしかありませんでした。


乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「孤軍奮闘した空母「飛龍」のミッドウェー 却下された意見具申は命運を変え得たか?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    米軍はその時点でもはや日本軍の秘密暗号を解読してた。日本軍は最後までそれに気付かなかった。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月5日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。