レーシングドライバーでも冷や汗をかいた! 難易度MAXの90年代国産スポーツカー3選

トップフォーミュラドライバーでさえ手に汗握るピーキーな挙動

近年、国産モデルからスポーツカーと呼べるジャンルのクルマが激減している。しかし、バブル前後の1989年~1999年頃まではスポーツカーは若いユーザーの憧れであり、選択肢も多くあった。



スポーツカーの定義は「高速域でもスキルの高いドライバーなら意のままに操れる」ということを自ら定めて試乗テストなどを行ってきたが、なかには我々プロドライバーでもちょっと運転するのを躊躇してしまうほど操るのが難しいスポーツモデルも散見されたのだ。



1)トヨタMR2(2代目・SW20型)

ミッドシップレイアウトのスポーツカーといえばフェラーリやランボルギーニのようなスーパーカーしか存在しなかった時代。フィアットがX1/9というコンパクトなシャシーのミッドシップモデルを1972年に登場させ、1989年まで生産していた。頑張ればもしかしたら手が届くかもしれないミッドシップスポーツとして大きな脚光を浴びていたが、バブルのころにはすでに生産中止となり中古車しか入手できなくなっていた上に「故障の多いイタリア車」というイメージを払拭できず購入に二の足を踏んだ方も多かっただろう。

レーシングドライバーでも冷や汗をかいた! 難易度MAXの90年代国産スポーツカー3選



その特異なマーケットに目を付けたのがトヨタだ。FFとなったカローラのパワートレインを活用し、初代MR-2(AW1型)を1984年に登場させ、X1/9の格好良さをトヨタの品質で実現し大注目となったのだ。トヨタが小型ミドシップスポーツを発売する! という衝撃的なニュースには当時月刊「CARトップ」誌編集部員でもあった僕も興奮を抑えきれなかったものだ。

レーシングドライバーでも冷や汗をかいた! 難易度MAXの90年代国産スポーツカー3選


あわせて読みたい

気になるキーワード

WEB CARTOPの記事をもっと見る 2019年9月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら