今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

東方、知ってますか? 起源は1996年、超有名同人ゲームを徹底解説!

2011年1月31日 11時00分 ライター情報:杉江松恋

indows版初の東方Project作品。後の作品と少しゲームシステムが違うため、正直難しいです。泣きながら半年がかりでクリアしたのも今はいい思い出(霊夢A/魔理沙B。Normal)。Extraステージの妹様(というキャラがいる)には、実はまだ勝利できていません。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

えー、私は東方厨です。
一日で起きている時間のうち、4時間ぐらいは東方のことを考えています。
ここでいう東方とはもちろん東方神起のことではなく、居酒屋・東方見聞録のことでもなく、同人ゲーム〈東方Project〉のことである。
ご存じない読者もいるだろうから、念のため簡単に説明しておこう。東方Projectは同人作家ZUNのサークル「上海アリス幻樂団」が創作しているゲームとそのBGM、及び派生した商業出版物などを指す総称である。
その起源はZUN氏が大学在学中の1996年に発表したゲーム「東方靈異伝」まで遡るが、現在一般的に流通している作品は2002年のコミックマーケット62で正式に頒布が開始された「東方紅魔郷」以降のものである。「東方紅魔郷」(リンク先から体験版をDL可能)は縦スクロールの弾幕シューティングゲーム(6面+EXTRA)だ。この世界のどこかに博麗大結界によって守られた幻想郷があり、その中では外界で忘れられたものが今もなお生きながらえている。その世界の均衡を乱すことなく、なおかつ闘争の自由を確保するために編み出されたのが、「スペルカード」ルールだ。幻想郷に住む神・妖怪・人間の少女たちは、スペルカードを用いて楽しい「弾幕ごっこ」を繰り広げているのである――という東方の設定を話すたびに「それなんてギャルゲ?」と心ない輩につっこまれるが、例外的な作品を除いて、東方の中核にあるのは弾幕STGなのである。もしあなたがこれから東方厨を目指すのであれば、できれば原作の弾幕STGに挑戦してもらいたいと思う。
さて、その弾幕STGがなぜここまで人口に膾炙し、社会現象といってもいいほどの人気を獲得したかといえば、やはり二次創作の影響を無視できない。「東方紅魔郷」発表翌年には早くもファンコミュニティが形作られ、2005年の「第2回最萌トーナメント」開催によって爆発的に拡大した。さらに2007年に「ニコニコ動画」がサービスを開始、動画で二次創作物を見たファンの参入が、人気を決定づけることになったのだ。あらゆる形のファンの参加を拒まず、受け入れてくれる度量の大きさ、懐の深さが東方Project世界の魅力である。弾幕STGの原作をプレイする人も、原作を元に萌え絵を描く人も、同人誌やニコ動に上がった二次創作物を楽しんで見る人も、等しくみな東方の仲間だ。ちなみに次のビッグイベントは3月13日(日)の第8回博麗神社例大祭である。

ライター情報

杉江松恋

1968年生まれ。小説書評と東方Projectに命を賭けるフリーライター。あちこちに連載しています。

URL:Twitter:@from41tohomania

「東方、知ってますか? 起源は1996年、超有名同人ゲームを徹底解説!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!