今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「ゆとりですがなにか」は2016年の「ふぞろいの林檎たち」なのか

2016年6月21日 10時00分 ライター情報:近藤正高
この4~6月期のテレビドラマは「トットてれび」「重版出来!」など各局、目の離せなかった作品が多く、豊作の感があった。去る6月19日に最終回を迎えた「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系、日曜よる10時30分~)も今期の傑作のひとつだと思う。本放送の視聴率はそんなに高くはなかったようだが、一方で動画配信サービス「Hulu」の週間ランキングで7週連続で首位をキープするなど、じっくり見たい視聴者がこのドラマを支持してきたことがうかがえる。
KAWADE夢ムック『総特集 山田太一』(河出書房新社)には、宮藤官九郎はじめフォロワーたちがエッセイを寄せている。宮藤の新作「ゆとりですがなにか」にも山田作品からの影響が…?

「ゆとりですがなにか」については毎回、釣木文恵さんが当エキレビでレビューしてきたが、私もこの作品については語りたいことがたくさんある。そこで、本記事では、いくつかトピックスをあげながら、このドラマを振り返ってみたい。

宮藤官九郎が非コメディに初挑戦


「ゆとりですがなにか」の脚本は宮藤官九郎だ。宮藤は、朝ドラ「あまちゃん」(2013年)を含めコメディタッチのドラマで定評がある。しかし「ゆとり」は、宮藤としては最初からコメディではないと言い聞かせて書いており、たとえコメディ要素はあったとしても、あくまで“社会派ドラマ”との位置づけだと語っていた(「ORICON STYLE」2016年4月15日付)。

たしかに、これまでの宮藤作品ではおなじみだった小ネタも、「ゆとり」ではほとんど見られなかった。その代わり、ドラマでとりあげられた社会問題は枚挙にいとまがない。思いつくままにあげていくだけでも、企業でのパワハラ、若者の自殺、学習障害、食品管理の問題、就職難、在日外国人の就労・結婚の問題などなど。さらにそこへ登場人物の個々の悩み……家業の継承、肉親との対立、不倫、恋愛などもからんでくる。よくぞこれだけのテーマを物語に盛りこみ、破綻させずにまとめあげたものだと感服させられた。本作が宮藤にとって新境地であり、ひとつのエポックとなったことは間違いない。

会社勤めの経験のない宮藤は、実際に“ゆとり世代”に取材もしたという(前掲、「ORICON STYLE」)。会社をやめるかやめないか、結婚するかしないかなど悩みを抱えた女性キャラクターをちゃんと描くのも、これが初めてだったとか(「スポニチ」2016年5月29日付)。これは安藤サクラ演じる宮下茜のことだ。茜はバリバリのキャリアウーマンだったが、ドラマの後半、本作の主人公のひとりで会社の同僚の坂間正和(岡田将生)との結婚を決め、父親との約束を守ってあっさり会社をやめてしまう。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

「「ゆとりですがなにか」は2016年の「ふぞろいの林檎たち」なのか」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!