今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

クラウドファンディング1000万円集めた京都のアニメ、二次創作イベント開催

2016年7月30日 10時00分 ライター情報:木俣冬
京都市営地下鉄の広告アニメ「地下鉄に乗るっ」の続編作成に1000万円を超える支援
が寄せられ
、5月29日に続編制作本格的開始の報告会が開催されてから2ヶ月。9月17、18日に開催される関西最大級のマンガ、アニメを中心としたコンテンツの総合見本市「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)」でのお披露目が予定されているが、いま、制作状況はどうなっているだろうか。
直近では、7月30日(土)開催の「~地下鉄開業35周年・国立京都国際会館50周年記念祭~地下鉄に乗って国際会館に行くっ!」lにて太秦萌のお姉さん・太秦麗の声優オーディションの経過報告が行われるっ。
女子高生・太秦萌の姉・太秦麗  25歳会社員の設定

7月30日(土)は「地下鉄に乗るっ」二次創作イベント「ちかつくっ」の日でもある。公式のみならず、すでに二次創作も盛り上がりを見せているというのだから「地下鉄に乗るっ」人気、おそるべし。
このイベント以前に、京都市営地下鉄では、キャラクターを使ったユーザーによる4コマ漫画を募集し優秀作を駅構内で発表しているノリの良さ。
ファンの描いた4コマ漫画が駅に貼り出されている!

二次創作イベントの主催者にして、アニメの仕掛人であるGK京都の名倉剛志さんと魚雷映蔵の佐野リヨウタさんは「いわゆるアニメや漫画ファン世代による同人誌やフィギュアだけでなく、例えばお婆ちゃんが太秦萌たちをイメージしてつくった雑貨なども大歓迎。京都の地下鉄のイメージキャラだからそういう世代を超えて愛されるものを目指している」と言う。
このたび声優募集した太秦麗も、幅広い年齢層に対応するためのキャラクター。
「女子校生3人組ではじめた企画ですが、未成年という設定では対応できない案件も地下鉄にはあります。例えば、終電の時間が延びたという夜の遅い時間帯のPRに合わせて、成人キャラの麗がリファインしました」と名倉さん。「次は、地下鉄の防犯、例えば痴漢防止キャンペーンなどのPRなどに対応できる男子キャラクターも考えています」と5月29日のイベントで3タイプの男子キャラのラフを発表、観客に投票を求めていた。


男子キャラも準備中

こんなふうに徐々に世界観が拡大していきつつある「地下鉄に乗るっ」。10,422,000円もの予算獲得により企画がグレードアップしたアニメができるまでエキレビ!は追っていく予定だ。その前に、今回は「地下鉄に乗るっ」企画の発端をつくったGK京都の名倉さんに話を聞いた。29日のイベントでも、佐野さん共々ファンからすっかり愛されているのが見てとれた眼鏡キャラ・名倉さん。

ライター情報

木俣冬

『みんなの朝ドラ』5月17日発売。その他の著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』など。

URL:Twitter:@kamitonami

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!