今注目のアプリ、書籍をレビュー

5

『新感染 ファイナル・エクスプレス』は圧倒的にうまいシチュエーションで魅せる大傑作

2017年9月3日 10時00分 ライター情報:しげる
韓国から現れた、ゾンビ映画の新たなるマスターピース。あらゆる点が完璧。『新感染 ファイナル・エクスプレス』はどれだけ褒めても褒め足りない、間違いなしのド傑作である。



最高のシチュエーション設計に驚愕せよ


もともとは韓国語で『釜山行き』というタイトルだった本作。韓国での記録的な動員と「超面白い」という評判だけが伝わってきた上に、邦題がダジャレということで色々と物議をかもした。が、蓋を開けてみればそんなことはどうでもよくなるくらいのとんでもない傑作だった。

主人公ソグは激務に追われるファンドトレーダー。妻とは離婚し、幼い娘スアンを自身の母親とともに育てている。学芸会にも来てくれなかった父に対し、スアンは自分の誕生日に遠く離れた釜山に住む母に会わせてくれとせがむ。渋々了承するソグは、娘を連れて早朝のKTX(韓国の新幹線的な高速鉄道)に乗り込む。

車内のテレビから漏れ聞こえてくるのは、韓国全土で発生した大規模な暴動のニュース。 KTXの車窓からは人間が人間に飛びかかる様子が一瞬見えるが、ほとんどの乗客はそれに気がつかない。トイレからは怯えきって「みんな死んじまった……」とだけ繰り返す途中乗車の男が見つかる。不穏な空気が広がる中、駅員が目を離した隙に皮膚が異様に血走り瞳が白濁した少女が、KTXの車両内部に入り込んでしまう。

全身を痙攣させのたうちまわる少女。それを発見した乗務員は手当をしようとするも、暴れる少女に噛み付かれてしまう。噛み付かれたことで同じように痙攣し、暴れ出す乗務員! かくして原因不明のまま、高速で走る列車の車内は急速にゾンビだらけになってしまう。それぞれ立場の違う乗客たちはある時は互いに協力しある時は相互に感染を疑いつつ、彼らの乗った列車は釜山へと向かうが……というお話である。

古今東西で大量に作られ続けたゾンビ映画だが、まだこんなに開拓されていない状況設定があったか! と感服した次第。「時速300kmで走る列車の中でゾンビの群れに襲われる」というシチュエーションだけで一億点ながら、それに付随して駅や線路、操車場やトンネルといった鉄道につきものの施設が軒並みスリリングなロケーションとして立ち上がってくる。ひたすら見事。

さらに鉄道の内部に関して言えば、列車の中身は「左右に椅子があるチューブ状の空間」なのでゾンビの群れと対決するにしても一度に大量のゾンビと当たることにはならず、1対1を何回も繰り返すことになる。

ライター情報

しげる

ライター。岐阜県出身。プラモデル、ミリタリー、オモチャ、映画、アメコミ、鉄砲がたくさん出てくる小説などを愛好しています。

URL:Twitter:@gerusea

「『新感染 ファイナル・エクスプレス』は圧倒的にうまいシチュエーションで魅せる大傑作」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    ベッタ褒めですねw 記事読んでると面白そう!バイオやウォーキングデッド好きだし観たくなった! でも、欧米のホラーよりも日韓のホラーの方がずっと怖いんだよね…‼︎

    23
  • 匿名さん 通報

    昨年から楽しみにしてた本作。 高速乗って一時間半かけた甲斐があった! 韓国映画は食わず嫌いだったけど、本作までに克服してて本当によかった。 エンタテイメントにまで差別持込む前にまずは観てほしい。

    23
  • 匿名さん 通報

    観たくない

    21
  • 名無し 通報

    観ました! 本当に最後の1秒まで楽しく観れて最高の作品でした! 韓国映画は本当に素晴らしい作品が多いのに、レイシストの方々は偏見だけで作品に触れる機会を逃してると思うと、可哀想な気持ちになりますね。

    18
  • 匿名さん 通報

    コメント欄のレイシズムの嵐にちょっと引いてしまう。韓国をけなしてもあなたの惨めな生活は改善しないと思うけど……。 マスゴミって、これ書いた人ただのライターでは……

    10
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!