今注目のアプリ、書籍をレビュー

2

「女子的生活」志尊淳演じるトランスジェンダー女子「つまり心はレズビアン、でも体は男」

2018年1月12日 09時45分 ライター情報:むらたえりか
後藤「えっ、コスプレ? オネェ……じゃなくてニューハーフ? あ、ゲイ!?」
みき「とりあえず、いろいろ失礼なんだけど。ま、初回特典ってことで許してあげる。実はね、私、女の子になりたいの」

2018年1月5日(金)よる10時スタートのドラマ女子的生活(NHK)。
“かわいい女子的な生活”に憧れて、田舎から都会へ出てきたヒロイン・小川みき役を、『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)や映画『帝一の國』などで活躍の俳優・志尊淳が演じる。
原作は、「和菓子のアン」シリーズの坂木司による小説だ。
イラスト/まつもとりえこ

第1話 あらすじ


小川みき(志尊淳)は、ファストファッションブランドで働くOL。業務の一環としてはじめた「女子的生活」というブログがネットで話題になるほど、かわいくて女子らしい生活を送っている。トランスジェンダーであることは、家族にはまだ秘密だ。
ある日、女子的生活を満喫するみきの部屋に、学生の頃の同級生・後藤(町田啓太)が転がり込んでくる。

志尊淳の女装、姿勢が良い


後藤「それって、性同一性障害ってやつ?」
みき「よく知ってたねえ。でもいまは、性別違和って言い方をします。ま、私の場合、一番しっくりくるのは『トランスジェンダー』?」
後藤「よくわかんないんだけど」
みき「私は、女の子になって、女の子とカップルになりたいの」
後藤「え?」
みき「つまり、心はレズビアン。でも体は男」

会話だけであっという間に終わる、みきの性別・性自認についての説明。
「つまり、心はレズビアン。でも体は男」うん、なるほどね! と納得できた視聴者が、どれだけいるだろう。でも、一旦はそれでいいみたい。みきも「すぐにわかれとはいわないけど」とほほ笑む。

みき役を演じている志尊の女装はとても美しい。けれど、100%女子には見えない。同僚・かおり役の玉井詩織や、ライバル・ゆい役の小芝風花と並ぶと、顔や肩幅の大きさ、頬や首周りの骨ばった感じに、どうしても男を感じる。
そんなとき、わざと猫背になったり無理に椅子に沿うように座ったりして、自分を小さく見せることもできるが、志尊はそうしない。終盤、暗い道で1人泣いているときですら、姿勢良く肩をひらいて歩いている。

後藤はみきを「自信があって、世の中と戦いながら生きてる」と評していた。
180センチメートル近い身長でも、可愛くて履きたいと思えばヒールを履く。そして、歩道の真ん中を堂々と歩く。不安げに「私、女の子に見えてるかなあ」などとは言わない。

ライター情報

むらたえりか

ライター/PR企画者。宮城県出身・女子校育ち。「アオシマ書店」で写真集レビューなどを執筆。ハロプロ、ヒーロー、ベガルタ仙台が好き。

URL:わたしとたのしいくらし

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    エコノミック・ミーハー・アニマルならではの企画。万物において完全・確実という道理は数少ないが、これほど確実に断言できることはない。「絶対に見ることはないドラマ」

    4
  • 匿名さん 通報

    LGBTばっかり要らんわ

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!