今注目のアプリ、書籍をレビュー

1

三島由紀夫の怪作をドラマ化「命売ります」第5話放送直前に前半をおさらい

2018年2月10日 09時45分 ライター情報:近藤正高
BSジャパンで1月より放送が始まったドラマ『命売ります』(土曜夜9時)も、きょう2月10日の放送の第5回でいよいよ後半に入る。

『命売ります』の原作は昭和を代表する作家・三島由紀夫の同名小説。原作小説は1968年に「週刊プレイボーイ」に連載され、その後、1998年にちくま文庫に収録された。このちくま文庫版が、2016年に「隠れた怪作小説発見!」と帯に銘打ったのをきっかけとして版を重ね、三島の異色作として再注目されるようになる。

『命売ります』はそのタイトルどおり、現代社会に虚しさを覚えたコピーライターの青年が、睡眠薬を飲んで自殺を図るも失敗し、それならば自分の命を他人に預けようと、売り出すところから始まる。今回のドラマは、この設定を踏まえつつも、2018年という現在の状況に即した展開を見せている。第1回から先週放送の第4回までの各話をざっと振り返ると、こんな感じだ。
ロングセラーとなった三島由紀夫『命売ります』(ちくま文庫)。今回のドラマ化では、ナレーションを生前の三島と親交のあった美輪明宏が務める。このほか、オープニングタイトルでは、第1回のゲストだった舞踊家の田中泯(三島とやはり交流のあった土方巽から強い影響を受けている)が踊り、ロックバンド人間椅子による主題歌が流れるという具合に、アングラな雰囲気が漂う

第1話「開業。命売ります」


主人公の山田羽仁男(中村蒼)は、自らの命を売り出して最初の客となった岸という老紳士(田中泯)から、彼の若妻・るり子(橋本マナミ)と関係を持ち、その愛人(大杉漣)に見つかってほしいとの依頼を受ける。だが、羽仁男が妻といざ関係を持つと、寝室に入ってきた愛人はなぜかベッドの二人の写真を撮り始めた。るり子は逃げ出し、愛人からピストルを向けられた羽仁男は「やっと死ねる」と笑うが、「じゃあ殺さない」と言われて結局殺されないまま帰されてしまう。後日、羽仁男は再び会った岸からるり子が水死したことを伝えられる。

第2話「吸血鬼の館」


羽仁男は、男子高校生の井上薫(前田旺志郎)に、彼の母・八重子(酒井若菜)のため、ある依頼を受ける。それは、八重子に死ぬまで血を吸わせてあげてほしいという突飛なものだった。羽仁男はこれを引き受け、毎晩、彼女に存分に血を与える(ピンクの照明に包まれた部屋で、酒井若菜が中村蒼の体に舌を這わせる姿はじつにエロかった)。

そのうちに八重子が“吸血鬼”となったのは、夫に捨てられたショックが原因であることが明かされる。しかし、しだいに衰弱する羽仁男の姿に気が咎めた彼女は、彼を病院に預けると、一人で自宅に火をつけて自殺してしまうのだった。なお、孤児となった薫は、このあと羽仁男のもとに身を寄せ、助手役を務めることになる。

第3話「天使すぎる女医」


3人目の依頼者は、前話で羽仁男が入院した病院の看護師・木島(谷村美月)。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

「三島由紀夫の怪作をドラマ化「命売ります」第5話放送直前に前半をおさらい」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    あらすじ読んだだけで、つまらない妄想だと

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!