今注目のアプリ、書籍をレビュー

6

「R-1ぐらんぷり2018」濱田祐太郎「客席見えへん」優勝をじっくり検証する

2018年3月7日 09時45分 ライター情報:井上マサキ
「僕めちゃめちゃ噛みましたよ!いやホンマありがとうございます! ずっとアマチュアの時から出てた大会で、優勝したかったんでホンマに……あのなんか、告知のVTRでは4回目(の挑戦)言ってましたけどホンマは7回目で……」

優勝コメントを求められた濱田祐太郎は、番組終了間際までしゃべり続けていた。ADの「あと○秒」の指示が「見えなかった」。

過去最多3795名が参加したR-1ぐらんぷり2018。ひとり芸日本一に輝いたのは、ほぼ盲目の漫談家・濱田祐太郎。同点が二度起きるなど、レベルの高い戦いが続いた今大会を振り返る。
イラスト/まつもとりえこ

Aブロック:ルシファー吉岡、カニササレアヤコ、おいでやす小田、おぐ


決勝進出経験があるおじさん3人に、初出場のOL1人が挟まるというAブロック。ルシファー吉岡が息子の思春期を心配したり、おいでやす小田が601号室の客にキレたりと奮闘するなか、雅楽のネタで間をたっぷりと使う姿が印象的だったカニササレアヤコ。最後までネタの世界観の佇まいのままだった。

激戦を制しファイナルステージに進んだのは、おぐ。「見た目はハゲのおじさん・中身は女子高生」というややこしいシチュエーションを、RADWIMPS「前前前世」を流すことで一発で理解させてしまう。『君の名は。』をフリに使うとは……という驚きは、このあともう一度訪れるのだった。

Bブロック:河邑ミク、チョコレートプラネット長田、ゆりやんレトリィバァ、霜降り明星・せいや(復活)


敗者復活で霜降り明星・せいやが復活。Cブロックには霜降り明星・粗品がおり、決勝の舞台にコンビが揃うという奇跡。「コンビで同時優勝します!」と鼻息荒く乗り込んできた。胸につけている「チーン!」と鳴るベル、なんか見覚えがあるなと思ったら、さっきおいでやす小田がフロントで連打していたっけ。

河邑ミクの演技力、チョコプラ長田の小道具と、自身の強みを前面に打ち出したネタに続き、「昭和の女優」で3分間を押し切るゆりやんレトリィバァ。BGMでうっすら流れる「男はつらいよ」にマドンナたちの影が見え隠れする。審査結果はチョコプラ長田とゆりやんがまさかの同点! 「お茶の間d投票が多いほうが勝ち」というルールで、ゆりやんレトリィバァが3度目のファイナルステージに進んだ。「THE W」に続き二冠達成を狙う。

Cブロック:濱田祐太郎、紺野ぶるま、霜降り明星・粗品、マツモトクラブ(復活)


漫談、コント、フリップと多種多様なひとり芸が揃ったCブロック。

ライター情報

井上マサキ

1975年石巻出身のフリーライター。元SEで2児の父。スマホアプリ・パパ育児・お笑いを中心に活動中。路線図鑑賞家。ケータイ大喜利第14号レジェンド。

URL:Twitter:@inomsk

「「R-1ぐらんぷり2018」濱田祐太郎「客席見えへん」優勝をじっくり検証する」のコメント一覧 6

  • 匿名さん 通報

    今年のR−1面白かった!!!

    4
  • 匿名さん 通報

    濱田さんに連れ添って出てきた人は、同期の芸人さんです。大阪の劇場ではいつも彼を舞台まで連れていくようです。濱田さんをマイクの前まで連れ添い、ぽんっと背中を叩く様子が印象的でした。

    4
  • 匿名さん 通報

    こういう人にこそ、国民栄誉賞を上げようよ! まぁ、謙虚な彼は辞退するのかもしれないけどさ。

    1
  • 婆瘤 通報

    アイドル、モデル、女性芸人さん(シコメの典型として)等の中から、濱田祐太郎さんが「心の眼」で選ぶ美人ランキングをさっそく水曜日かロンハーあたりにやって頂きたいです。

    0
  • 匿名さん 通報

    はっきり言って、この人ウザい。盲目だけど笑わせますとか、そんなのいらないから…。そこまで笑いに飢えてないし。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!