今注目のアプリ、書籍をレビュー

4

「アンナチュラル」8話。人にも遺体にも帰る場所が必要だ。窪田正孝の泣き笑いの演技に震える

2018年3月9日 12時00分 ライター情報:大山くまお
石原さとみ主演、野木亜紀子脚本の金曜ドラマ『アンナチュラル』。架空の組織「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台に、死因究明のスペシャリストたちが活躍する法医学ミステリーだ。

先週放送された第8話は、塚原あゆ子監督らしい、非常に情報量の多い過圧縮エンターテイメントでありながら、「大切な居場所」「人が帰る場所」という普遍的なテーマを真っ正面から描き出していた。サブタイトルは「遙かなる我が家」。
イラスト/まつもとりえこ

帰る場所を失った遺体たち


第8話では、六郎(窪田正孝)、雑居ビル火災で亡くなった町田三郎(一ノ瀬ワタル)、ヤシキさん(ミッキー・カーチス)の妻・美代子の3人が、それぞれの“我が家”に帰っていく様子が重ねて描かれた。

ゴミ屋敷に住むヤシキさんは、1年半前に死んだ妻・美代子の遺骨の受取を拒否し続けていた。美代子はヤシキさんとケンカして家を飛び出た後、くも膜下出血で亡くなって身元不明の遺体として発足したばかりのUDIラボに運ばれてきた。ヤシキさんは家を訪ねてきた所長の神倉(松重豊)に「バチがあたったんだよ」「俺がろくな亭主じゃないから、神様に取り上げられたんだ」と語っていた。

雑居ビルの火災で亡くなった10人のうちの1人・町田三郎は、前科持ちのヤクザだった。彼の遺体から見つかった鈍器による外傷の跡やロープで縛られた跡などから、縛られて殴られて放火で殺害されたという疑惑が持たれていた。疑惑が事実なら、9人は彼の巻き添えということになる。三郎を勘当した父・雅次(木場勝己)は、遺体に向かって「このバチあたりのろくでなしが!」と叱責する。

六郎はUDIラボに現れた帝日大教授の父・久部俊哉(伊武雅刀)に、UDIラボを辞めて医大に戻るよう言い渡される。俊哉は遺体を「死体」と必ず呼ぶ。遺体を扱う法医学者たちを下に見ている証拠だ。また、俊哉は医者でなければ自分の子ではないという強い考えを持っていた。六郎は「六郎の六は、ろくでもないのろく」と自嘲する。

「バチ」と「バチ」、「ろく」と「ろく」が重なり合う。美代子の遺骨、三郎の遺体、生きている六郎は、それぞれ帰る場所を失っていた。

明らかになる三郎の行動と六郎の成長


10体もの遺体を懸命に解剖するミコト(石原さとみ)たち。解剖室で時折映し出される黒焦げの遺体の様子から、火災の凄惨さが垣間見える。ミコトたちの仕事は、遺体の死因と身元を明らかにして、それぞれの遺族の元へ帰すことだ。

ライター情報

大山くまお

ライター。著書に『野原ひろしの名言』『野原ひろしの超名言』(双葉社)、『名言力』(ソフトバンク新書)、『中日ドラゴンズあるある』(TOブックス)など。

URL:Fire Stone and Water

コメント 4

  • さくらっこ 通報

    毎回とてもよく練られた脚本で、演じる役者たちも息もぴったりで上手い。感動です。六郎くんが「帰るべき場所」を見つけてよかった!

    11
  • 匿名さん 通報

    16:54 ドラマ見てないならコメントするな

    3
  • 匿名さん 通報

    >不気味な「ABCの歌」の謎も気になる! こんなのありましたっけ?

    2
  • 匿名さん 通報

    いや、面白かったけどね、今回も。なんだけど、三つ巴に畳みかけてくるようなテーマがちょっとクドく感じたわ。お腹いっぱいになりつつある。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!