今注目のアプリ、書籍をレビュー

2

「去年の冬、きみと別れ」ギョっとするほど大胆な原作アレンジと味の濃い出演者に掴まれるサスペンス

2018年3月13日 09時45分 ライター情報:しげる
叙述トリックが多用されているがゆえに、映像化が難しそうな『去年の冬、きみと別れ』。だが、この映画版は見事なアレンジで着地した作品だった。味の濃い共演者に負けず岩田剛典はかなりの善戦ぶり。ガンちゃんさん大健闘である。

原作既読でもギョッとする、大胆な翻案


『去年の冬、きみと別れ』の原作は2013年刊行。2014年には本屋大賞にもノミネートされたミステリー小説である。通常の小説とちょっと異なり、断片的な書簡や資料、書いた人間が異なる文章などで構成された内容で、映像にするのが大変そうなタイプの作品だ。

映画では、この原作をかなり大胆に翻案している。ストーリーの根幹に関わる部分に手が入っているので、原作既読でも「大筋は見たことあるけど、なんかおれが知ってる話と違うぞ……」という感じで見られる。それでも主題は原作とそれほど変わっていないので、だいぶ頑張って脚本を練ったんだろうな……と感心してしまった。

フリーライターの耶雲恭介は、カメラマンの木原坂雄大の取材記事の企画を週刊誌編集部に持ち込む。木原坂は以前、モデルとして起用した盲目の女性を撮影中に焼死させるという事件を起こしていた。容疑者として逮捕されたが、執行猶予がつき釈放。現在も気鋭のカメラマンとして仕事を続けている。しかし、ネットではその事件の際に木原坂が撮影した写真が存在するという噂が広がっており、耶雲は真相を探るべく取材を敢行しようとしていた。

編集者の小林に担当され、木原坂本人や同級生、事件を担当した刑事などに取材する耶雲。しかし仕事にのめり込むあまり、耶雲は婚約者である百合子と険悪に。一方木原坂は百合子に接近し、自分の写真のモデルになるよう促す。

細かい演出を使い分け、原作の凝った構成を再現。謎めいた導入部、タイトルが出た後いきなり「第二章」の字幕が出て「ん? 第一章どこ行った!?」と始まる本編、執拗に映る北村一輝の背中の汗ジミなど、序盤から「これはなんかあるな……」というディテールが山盛りだ。画面に映っている全てが怪しく見える。

しかしストーリーに関しては、やはり原作からの改変が効いている。2時間の映画に収めるため、付け足されたり設定が改変された部分も多いが、個人的によかったと思うのは原作から削られた部分。小説版では「模倣がオリジナルを上回る場合にはどういう契機が必要か」という思索についてボリュームが割かれており、そのために「写真」や「人形」というモチーフが盛り込まれていた。

ライター情報

しげる

ライター。岐阜県出身。プラモデル、ミリタリー、オモチャ、映画、アメコミ、鉄砲がたくさん出てくる小説などを愛好しています。

URL:Twitter:@gerusea

「「去年の冬、きみと別れ」ギョっとするほど大胆な原作アレンジと味の濃い出演者に掴まれるサスペンス」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    原作読まずにがんちゃんファンの友人に誘われて見たけど、確かに配役が上手かった印象。Mummy-Dさんがいつ豹変するのかとずっと待っちゃったw

    2
  • 匿名さん 通報

    「去年の“春”、キミと別れ」になっている箇所がありますよ。さすがにタイトル間違えはどうなんでしょう。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!