今注目のアプリ、書籍をレビュー

1

「フリースタイルダンジョン」呂布カルマと猫手裏剣超サイヤ人たちの不敵でピースフルなバトル

2018年4月11日 10時00分 ライター情報:米光一成
即興のラップバトル番組『フリースタイルダンジョン』5th season Rec1-2(→公式、→テレビ朝日、→Abema)で毎週火曜日深夜放送。
チャレンジャーが5人のモンスターを倒せば賞金100万円獲得の即興のラップバトル。
即興で、韻を踏みながら、言葉とリズムを相手にぶつける8小節2ターンの勝負だ。
3本勝負、2本先取で勝利。
ただし、判定が全員一致するとクリティカルとなり即勝利確定である。

チャレンジャーは、HIBIKI(→twitter)。
裂固をクリティカルで倒した。
次に迎え撃つモンスターは呂布カルマ(→twitter)。

先攻をとるHIBIKI.
呂布のまわりをぐるぐる周りながら、
「何回でも言葉を吐き出す お前はこれができるかな?
独学で磨いてきた831勢岡山これが俺のレペゼンだ」

とぐいぐい早口にドライブさせて会場を盛り上げる。
呂布カルマは、いつもの不敵なトーンを崩さず。
「教えといてやるHIBIKIくん
いつだってそう弱ぇ方が強ぇ奴の周りを回る」

HIBIKI、2ターン目も動き出すがぐるぐるまわるのはやめる。
「トカゲトカゲ」「moneymoney」「晴れ晴れ」「One hundred hundred」
でリズミカルに脚韻を踏みながら盛り上げる。
HIBIKIの熱とスピードに水をさすように呂布カルマは冷静。
「お前Beatに乗ってるんじゃなくて踊らされてるだけ
本当に言いたかったこと言えてるのかね」

第1ラウンドは、2対3でチャレンジャーHIBIKIの勝利。
フリースタイルイラスト/まつもとりえこ

第2ラウンドもHIBIKI先攻をとる。
呂布カルマの冷静力と不敵さがぐいぐい増してくる。
「言う事ねぇ
若いやつが陥りがちな穴にはまってる」

と言い放ち、
「俺に「バイブスが足りねぇ」って言ったはずが
俺に「バイブスじゃ敵わねぇ」とか言ってみたり」

とHIBIKIの矛盾を的確に指摘。

第3ラウンド、HIBIKI先攻。
「Super Saiyan 今から潰すよ」
超サイヤ人「Super Saiyan」と「ちょこざいな」で韻を踏む。熱い。
に対して、呂布カルマ
「Super Saiyanかな? こいつむっちゃダサいやん なんで3本目かな」
と一貫して弱みをつくスタイル。
「お前が見てるのはT-PABLOWの背中 それだけの世代だ」と指摘。
受けてHIBIKIは「ドラゴンボールは一切つかわないスタイル」と「Super Saiyan」ではじめたのに言ってしまう。

第2、第3ラウンドともに呂布カルマがとる。

ライター情報

米光一成

ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学客員教授。代表作「ぷよぷよ」「BAROQUE」「想像と言葉」等。

URL:Twitter:@yonemitsu

コメント 1

  • ギャルのパンティ 通報

    「ドラゴンボールは一切つかわない」ってのは、ドラゴンボールのネタを使わないという意味ではなく、「ドラゴンボールを使って願いを叶えるようなマネはしない」という意味だと矛盾しなくなるかと。

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!